インテリアデザイナー
Pocket

インテリアアドバイザー認定試験資格とは日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する認定試験です。

 

インテリアアドバイザーとは顧客のライフスタイルや考え方に合った、適切なインテリアを顧客に提案していく職業です。このインテリアアドバイザーに必要な知識や技術を保有していることを証明するのが、インテリアアドバイザーの資格になります。

 

《インテリアデザイナー・インテリアコーディネーターとの違いは?》
1 インテリアデザイナー

インテリアデザイナーはインテリアアドバイザーと同じく、日本デザインプランナー主催の認定試験です。

インテリアデザイナーは「インテリアに関する基礎知識」が必須です。

インテリアアドバイザーは「アドバイザーとしての知識」が問われる試験です。

 

通信講座では、両方の資格が一気に取れる講座もあります。インテリアの知識をいかして、顧客にアドバイスができる「インテリア」のプロになれます。まさに「相乗効果」が高い資格の所得方法ではないでしょうか?両資格とも、比較的取得しやすい資格ですので、一挙に資格を所得するのが良いと思います。

 

2 インテリアコーディネーター

インテリアのプロフェッショナルを育てるために設けられたインテリア産業協会主催の試験です。高確率が20パーセント第と低く、難易度が高い試験になっています。

 

3 インテリアのプロになる

インテリア未経験者や初心者なら、まずはインテリアアドバイザー・インテリアデザイナーの資格取得からはじめてみてはいかがでしょうか?

まず、入門資格を取り経験を積むことが大事だと思います。

 

《インテリアアドバイザー認定試験のメリット》

1 就職・転職に有利

就職・転職サイトで検索すると多くの企業がヒットします。需要が高い資格なので、就職・転職に有利です。

2 講師活動ができる

自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。

3 インテリアアドバイザーは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、認定試験を受験しなくても、インテリアアドバイザーの認定がもらえます。しかも、最短で2ヵ月の学習で資格が取得することができます。受講料も79,800円(受験料・事務手数料込み)とお得な設定です。

学習サポートも万全で、質問は受講中無制限に受け付けてもらえます。携帯からの質問も可能ですので、自宅外でも気軽に質問できて便利です。

 

そのうえ、100%インテリアアドバイザーの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

4 複数資格を同時の取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「インテリアデザイナー」と「インテリアアドバイザー」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト台+受験料をとられること、じかも合格は100%ではないことを考えれば、通信講座で資格を取得する方がお得だと思います。

 

《試験の難易度は》

インテリアアドバイザーとしての知識・技術とそれを実務で活用できる技能を有していることを認定します。インテリアアドバイザーとして働きたい方はもちろん、現在インテリア・建築関係の企業で働いている方も対象とした試験です。資格所得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

本番の試験での合格基準は70%以上の評価をとらなければならないとされています。

 

平成26年の受験者数と合格者数は以下の通りです

受験者数 2156人

合格者数 1542人

合格率71.5%と合格しやすい試験であるといえます。

 

《受験資格・日程・受験料等》

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

インテリアデザイナー   インテリアデザイナー

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
温泉資格
学び
テレビ番組でも温泉を取り扱う番組の視聴率が高いことからもお分かりになると思いますが、今、多くの日本人が癒しを求めて温泉へ熱い視線を送っていま...
空間デザイン
ランキング
今までのデザインの主流は家具や工業製品などのデザインでした。空間デザインという全く新しい分野のものになります。これは今後商店や、大型の店舗な...