インテリアデザイナー
Pocket

インテリアデザイナー認定試験資格とは日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する認定試験です。

 

インテリアデザイナーとはインテリア製品をデザインしたり、住居やオフィス、店舗、ホテルなど様々な住空間の設計を行う職業です。製図やデザインのほかに建築構造や材料に関する知識やクライアントへのプレゼンテーション能力など、さまざまなスキルが要求される職業で「やりがいのある」仕事であると言えます。

 

最近では家づくりという生活空間をプロデュースすることも多いため、主婦目線で考えられる女性に向いている職業として、女性にも人気の高い資格です。

 

《インテリアデザイナー認定試験のメリット》

1 就職に有利

多方面の企業に就職しやすくなります

・住宅メーカー

・不動産会社

・リフォーム会社

・設計・デザイン会社

・建築会社 

・家具メーカー

・設備建材メーカー

・照明メーカー

・デパート

・インテリアショップ

・ガーデニング関連企業 など様々な分野の就職に有利な資格です。

2 転職にも有利

転職サイトで検索すると多くの企業がヒットします。需要が高い資格なので、転職にも有利です。

3 独立開業も可能

インテリアデザイナーはキャリアを積むことで独立・開業が可能です。数多くのインテリアデザイナーが独立・開業をしています。完全実力の世界でありますが、一国一城の主になるのは、誰しも一度は夢をみるのではないでしょうか?

 

4 インテリアデザイナーは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、認定試験を受験しなくても、インテリアデザイナーの認定がもらえます。しかも、最短で2ヵ月の学習で資格が取得することができます。受講料も79,800円(受験料・事務手数料込み)とお得な設定です。

学習サポートも万全で、質問は受講中無制限に受け付けてもらえます。携帯からの質問も可能ですので、自宅外でも気軽に質問できて便利です。

そのうえ、100%インテリアデザイナーの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。通信教育を受講したほうがお得ですね。

5 複数資格を同時の取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「インテリアデザイナー」と「インテリアアドバイザー」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト代+受験料をとられること、じかも合格は100%ではないこと(合格率はおよそ3割と難関)を考えれば、通信講座で資格を取得するのがお得だと思います。

 

 

《試験の難易度は》

インテリアデザイナーとして幅広い知識を有していることを認定します。家具や照明などのインテリアに関する商品知識のほか、販売や技術等に関して幅広い知識が問われます。

本番の試験での合格基準は70%以上の評価をとらなければならないとされています。

 

平成26年の受験者数と合格者数は以下の通りです

受験者数 3524人

合格者数 1082人

合格率およそ30%の「狭き門」となっています。

 

《受験資格・日程・受験料等》

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。
インテリアデザイナー   インテリアデザイナー

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
学び
目次焼酎セレクトアドバイザーとは焼酎セレクトアドバイザー認定試験とは焼酎セレクトアドバイザーになったら焼酎セレクトアドバイザー口コミと評判 ...
姿勢
ランキング
デスクワークやスマホに集中することが多くなった現在、腰痛や肩こりに悩まされる方が増えています。この原因の多くが姿勢のゆがみから来る血行不良や...