温泉資格
Pocket

サナトリウム健康アドバイザー認定試験とは、その水の質について、身体に及ぼす影響、正しい入浴方法や時間など、温泉に関する基礎知識が備わっているかどうかを認定する試験です。
この資格を取得することができれば、温泉に関する専門的な知識を学習することはもちろん、温泉と健康に関する密接な関係について知ることができます。この資格を生かすことで、旅行を考えている人や温泉へ行こうとしている人に温泉の入浴方法やそこから導き出される身体への影響について、プロとしてアドバイスすることができるようになります。
温泉が好きであったり、旅行が好きであったりする人でしたら、こちらの資格は趣味の知識を広げたり深めたりすることにうってつけの資格なのではないでしょうか。

サナトリウム健康アドバイザー認定試験の概要

【受験資格】特になし。誰でも受験可能。

【受験料】10,000円

【受験申請】インターネット申し込み。奇数月の1日~30日。

【試験期間】偶数月の20日~25日

【受験方法】在宅での受験

【合格基準】全体の7割以上の評価

【合否】2か月後の20日

サナトリウム健康アドバイザー認定試験に合格することができれば、温泉に関する様々な専門知識を身につけることができます。色々な種類の温泉の水の違いやそこから身体に効果を見せるまでの過程などを、需要者に的確にアドバイスすることでサナトリウム健康アドバイザーとしての信頼は強くなるでしょう。

在宅での受験ということですので、堅苦しさなどは特に感じずに、興味を持った人なら誰でも受けやすい敷居の高さに設定されています。

自宅でお風呂に浸かることも良いですが、たまに温泉へ行ってゆっくりと湯船に浸かるのも、日々の中で溜まった疲労が解かれるのではないでしょうか。また、景色を楽しんだりその場の雰囲気を味わったりすることで、精神的な疲労回復も見込まれます。

また、偶数月に受験することが可能なので、一年間の中で6回のチャンスがあります。自分のペースで勉強もできますし、受験するタイミングも自分で決めることができます。

サナトリウム健康アドバイザー認定試験の口コミ

サナトリウム健康アドバイザー認定試験の口コミは好評です。

理由は、近年旅行を趣味とする人が増えていることであると考えられます。

家族旅行として温泉に泊まったり、老後の楽しみとしてゆっくりの旅行に行ったりする人もいるでしょう。そんな中、若年層に旅行へ行く人が多く現れていることが目立っています。

卒業記念で最後に友達と思い出を作ったり、恋人との記念日に温泉へ行ったりと、その理由は様々ではありますが、温泉旅行は若者にも身近に感じられる時代になってきています。

そういった人たちに、サナトリウムアドバイザーとして旅行先のおすすめの温泉や、宿泊しようとしている温泉の細かい乾燥などを教えてあげることで、その人たちの旅行はより良いものになると思います。

また、仕事に活かそうとしなくとも、旅行や温泉へ行くことが趣味な人でも、こちらの資格についての知識を求める人は少なくありません。

サナトリウム健康アドバイザーはどんな人に向いている?

・温泉が好きな人

温泉へ行く人が趣味な人でしたら、こちらの資格を取得するにあたって得ることができる知識はとても興味深いものになるのではないでしょうか。

・健康について興味がある人

健康に気を配っている人でしたら、この資格を取得することで、入浴からつながる健康についても知ることができます。正しい入浴方法や入浴時間を知ることで、新たな観点から健康増進を図ることができるのではないでしょうか。

サナトリウム健康アドバイザー資格の活かし方の例

・趣味に活かす

旅行や温泉へ行くことが趣味の人でしたら、旅行先の温泉について詳しく知っておくことで、旅行そのものがより良いものになると思います。

・サナトリウム健康アドバイザーとして働く

入浴方法からつながる健康増進についての知識も身につけることができるので、その知識を活かして、温泉施設でおすすめの温泉や入浴方法を提案することができます。
温泉観光  温泉観光

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
ハーブ
ランキング
目次ハーブ資格をランキング形式でご紹介します。第1位 メディカルハーブカウンセラー第2位 ハーブライフインストラクター第3位 メディカルハー...
筋トレ
ランキング
電車や車など、交通機関などが発達し運動することが少なくなり、肉体労働系のお仕事も減ってきた昨今。多くの人が肥満防止や健康維持に意識を向けるよ...