ワインソムリエ

セレブ婚への近道は、ワインの道を究めること!

Pocket

ワインのチョイスはさりげないけれど、人を喜ばせる。

外食をすると今や和食店でも、ワインを置いています。ワイン注文のやり取り一つで、その人の品性を測ることができるといっても過言ではないですよね。ちょっとした知識があると、さらっとおいしい組み合わせを提案して、お相手とも話が盛り上がりますし、知的な女子として周りからも一目置かれるかも。
筆者の周りのおもてなし上手なセレブ妻も、ワインのセレクトがたいへんお上手です。ご主人も奥様にその点はお任せ、という感じで、ゲストからもワインの演出が常に好評です。
セレブ婚を目指すなら、ワインの知識はあって損するものではなさそうです。ワイン資格のワインコンシェルジュ

あれ?ワインの種類って思ってたより、とっても多い?!

「さあ、ワインのお勉強を始めよう!」とワインバーなどに行って、一杯ずつ飲みながら知識を増やせばいいわ、と思っているあなたは、たぶんいつまでたっても「のんだくれ」の称号しか得られませんよ。
ワインの種類は多く、世界中に産地があり、シャトーの名前もたくさん!系統立てて知識を得たほうが、習得に役立ちます。スクールや講座などに通った方が、短期間で充実した内容を習得できるみたいです。

ソムリエになるのは飲食業に従事していないと無理??

ワインの勉強について、スクールや講座をインターネットで調べると、まず目につくのがソムリエの資格取得講座ではないかと思いますが、その資格を得るにはさまざまな要件を満たさなければなりません。ソムリエになるためにはまず「アルコールを提供する飲食業で5年以上従事すること」が基本的に求められます。
「え?じゃあ、飲食する側はどうやったら知識を身に着けたことになるの?」とおもわれるでしょう。日本ソムリエ協会では「ワインエキスパート」取得のための講座を受講し、試験に合格すれば、飲食店の従業員でなくても資格を取得することができるそうです。
が、やっぱり、せっかくワインの勉強をするなら「ソムリエ」の名前、ほしいですよね。ソムリエ資格のソムリエインストラクター

「ソムリエインストラクター」なる資格がある!?

いろいろ調べ進めると、JIA主催の資格なら、なんと飲食業に従事していなくても、「ソムリエインストラクター」という名前の資格を取ることができるんだそうです。筆者もいろいろとインターネットを探してみましたが、資格取得の講座内容は、両者にあまり違いもないようです。これはますます、「ソムリエインストラクター」気になりますね。

「ソムリエインストラクター」で得ることができる知識って?

そのカリキュラムは非常に多岐にわたり、ワインの歴史やブドウの栽培と品種、栓を開ける方法からグラス選び、香りの表現方法や味の見方、ワインと料理のマリアージュについて、各国の格付けとワイン法などの法律、世界のワイン産地やその味などについてと、かなり幅広く知識を得ることができそうです。これだけ知識を得たら、その日からワインがもっと味わい深くなること間違いなしですね。そして、愛するパートナーに手料理に合わせたワインを提供するなんて、おしゃれなことができるようになるかも!

セレブ妻を夢見て

スクールでセレブな出会いを期待!というのもアリですが、働く女子なので時間的に厳しいということで、ワイングラスとカラフェもついて、ついでに「ワインコンシェルジュ」の資格もまとめて取れて、しかも、試験免除で資格取得できる通信教育を発見してしまったので、それを受けてみようかと思います。
これでセレブ妻になれなかったとしても、生きる糧を一つ身につけた、と思えばとってもお得な講座かもしれません。
ワイン ソムリエ