筋トレ
Pocket

トレーニングサポーターとは、筋トレなどのトレーニングに関する知識を有し、その知識をもって身体を鍛えたい方や運動不足を解消したい方をサポートできる能力を持つことを証明する資格です。

筋トレは昔と比べて、かなり敷居が低くなっています。以前はボディビルダーやスポーツ選手がやるイメージでしたが、大手ジムも一般の人を対象にダイエットメニューを組むなどの工夫をするようになってきていますね。また、公営のジムは料金が安く、メニューを自由に組んだりでき、高齢者も活用しています。また、高齢化が進む日本では、トレーニングサポーターの役割はこれから大きくなっていくことは間違いありません。

トレーニングサポーター認定試験とは?

トレーニングサポーター認定試験とは、毎年偶数月に日本生活環境支援協会が行う資格試験です。応募は奇数月の一か月の間にインターネットからでき、日本生活環境支援協会から受験票、問題用紙、解答用紙、返信用封筒が送られてきます。

受験料はそれらを受け取るときに代引きで支払います。税込10,000円で、代引き手数料はかかりません。偶数月の20~25日が受験日で、在宅で行います。解答用紙に記入したら、30日必着(2月は28日)で返信用封筒で送り返します。

合否通知は次月の20日に日本生活環境支援協会が発送し、70%以上の評価で合格です。合格すると合格認定証や合格認定カードの購入を申し込むことができます。こちらも代引き(手数料無料)で、税込5,500円です。

トレーニングサポーター認定試験の口コミ・評判

トレーニング指導者やスポーツインストラクターの資格にはさまざまなものがありますが、特に決まった国家試験などはありません。それぞれに特徴があり、試験方法も違っています。そこでここでは、トレーニングサポーター認定試験についての口コミや評判を見てみましょう。

・私がトレーニングサポーター認定試験を受けようと思ったのは、ちゃんとした知識で筋トレをしたいと思ったからです。インストラクターに効けば教えてもらうことはできますが、できれば自分の知識で、独自のメニューを組んでみたいと考えました。

トレーニングサポーター認定試験は簡単に在宅で受験することができ、それでいて基礎的な知識が身につくということで選びました。合格した今は、自分独自のメニューをいろいろと組んでみて、試しているところです。(30代男性)

・筋トレダイエットをするのに、ネットで調べたりしていたのですが、あれこれと見ていても混乱してしまって、こうなったらトレーナーに関する資格を取ってしまおう!と思いました。そこで、日本生活環境支援協会のトレーニングサポーター認定試験を知り、受験することにしたんです。しっかりと知識が身についたおかげでダイエットも成功し、友人にも筋トレダイエットのアドバイスをしています。(30代女性)

・この試験を受けようと思ったきっかけは、両親がだいぶ年を取り、足元がおぼつかなくなってきたことです。老化は足からと言いますし、高齢者のための筋トレを学びたいと思いました。

トレーニングサポーター認定試験は遠い受験会場まで行く必要もなく、講座やワークショップに参加する義務もないので、とても助かりました。先日合格通知が届きましたので、これから家族みんなで健康のために適切な筋トレをしていきます。ありがとうございました。(50代女性)

トレーニングサポーター認定試験で資格を取った後は?

資格取得後は、ジムやトレーニング施設で、スポーツインストラクターとして活躍する道が開けます。また、カルチャーセンターや市民講座などでも講師として活動することが可能です。

それに資格を取ったご自身や家族、友人知人などの健康に関してアドバイスを行うこともできます。思い込みで行う筋トレは危険ですし、効果も期待できません。人体や栄養などのちゃんとした知識を持っている方がいるといないでは大違いです。ぜひ、トレーニングサポーター認定試験を受けて、正確な知識で周囲の人を健康にしてあげてくださいね。
筋トレ  筋トレ

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
幼児食
学び
幼児食マイスター認定試験とは、子どもの成長に沿って特に必要になってくる栄養素やそのバランスについての基礎勅使を身につけ、その知識をもとに献立...