ハーブ
Pocket

ハーブって食べるもの?身に付けるもの?

皆さんはハーブと聞いて「食べ物」とおもわれますか?それとも「化粧品」と思われますか?もともと西洋で薬草として重宝されていたものですが、今ではスーパーなどでドライなものもフレッシュなものもすぐに手に入る食材ですし、化粧品などにも多用されています。なので、どちらも正解です。
でも、そもそもそのハーブの薬草としての効果ってご存知ですか?化粧品には「消炎効果」「収れん効果」など記載がありますが、食べるハーブにだって香りだけではない、薬草としてしっかりとした効果があるのです。ハーブ資格のハーブライフインストラクター

食べて美しくなるハーブって?!

食べる、と言っても葉っぱばかりを食べるのはなかなか難しいですよね。そんなときはハーブティーが一番効率よく、ハーブの効果を体に運んでくれます。
中でも、よく言われるローズヒップティーは、カロリーゼロなのに、鉄分・カルシウムが豊富でビタミンCがレモンの20倍、しかもリコピンも豊富、ということで美肌と老化予防に最適といわれています。
また、最近ではカフェなどにもよく置いてあるカモミールは、胃腸の調子を整え、消化不良を改善するほか、目や内臓など、粘膜の炎症回復を助けるといわれています。さらに殺菌作用にも優れ、切り傷の消毒にカモミールティーを使うこともできるのです。
ハーブティーはその配合で、肌だけでなく、肌荒れの原因ともいわれる胃腸の調子を整えたりリラックス効果・リフレッシュ効果・デトックス効果など様々な良い効果をもたらしてくれます。
肌にいいものを毎日摂取するために、あれもこれもと食材を買い集めたりするよりも、毎日のお茶で整えていく方が、より手軽でダイエットにもなりますよね。
ハーブ資格のメディカルハーブカウンセラー

ハーブの知識を身に付けて、ハーブを味方につける。

今やハーブの知識はインターネットなどに散在していますし、いろいろとご自身で本を読まれたりするのもいいかもしれません。
もし、より効率よく知識を得たいなとお考えになるようなら、最近はスクールや通信講座などでも簡単に勉強することができるそうです。
「メディカルハーブカウンセラー」や「ハーブライフインストラクター」などの資格を検定免除で取得するような講座を受講されるのが一番簡単に基礎から応用までを短期間で習得できるようです。
栽培方法から教えてくれる教室もありますし、育て方などではなく、今人気のホリスティック医学の観点からハーブを教えてくれる講座もあるそうですから、インターネットの口コミや評判を比較し、ご自身に合った講座をさがしてみてはいかがでしょうか。

ハーブを使った料理でワンランク上おおもてなしも!

ハーブを学ぶ教室の中には、ハーブを使ったお料理を勉強できる講座もあるそうです。知人の料理研究家の方に伺うと、はやり西洋料理とハーブはうまく調和するようにできており、食べた人の体をいたわる配合になっているものも多いとか。ハーブを使ったお料理でゲストの心も体も癒せたらとってもおもてなし上手になれそうですよね。ぜひ皆さんもそのようなおもてなしをしてみてください。
ハーブ   ハーブ

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
カクテル
ランキング
カクテルは、アイスを入れたり季節のフルーツを入れたり、ロンググラスだったりショートグラスだったり、本当にたくさんのバリエーションを楽しめる飲...
ランキング
オーガニック系のカフェや健康系の食堂に行くと必ずと言っていいほど出てくる玄米等の「マクロビフード」。マクロビとは正式には「マクロビオティック...
ワインソムリエ
ランキング
目次ワインの資格第1位 ワインコンシェルジュ第2位 ソムリエインストラクター第3位 ワインアドバイザー第4位 ワインコーディネーター第5位 ...
ランキング
居酒屋では必ずある「焼酎」。水で割ったり、お茶で割ったり、ソーダで割ったり、梅干しを入れたりアレンジやバリエーションも楽しめる人気のお酒です...
shikakujiten
ランキング
目次有望な資格とは第1位 ファッションデザイナー第2位 インテリアデザイナー第3位 フラワーアレンジメントデザイナー第4位 クリーニングイン...