ピラティス

ピラティス資格人気ランキング

Pocket

ピラティスには、ヨガインストラクターと同じように、様々な種類の資格があります。ピラティスの講師になりたいものの、どの資格が自分に向いているのか分からない人は多いでしょう。

この記事では、人気のピラティス資格をランキング別に解説していきます。自分に合った資格を身につけて、ピラティスのスペシャリストになりましょう。

 

1位 ピラティスセラピーアドバイザー

人気第1位は、ピラティスセラピーアドバイザーです。ピラティス特有の身体の動かし方だけでなく、呼吸法や心のコントロールなど、ピラティスに必要な技術を総合的に習得する事ができます。心と身体を同時に使う必要があるピラティスにおいて、最も有効な資格だといえます。

ピラティスのスペシャリストになりたいのであればピラティスセラピーアドバイザー資格を取得しましょう。取得後は、自宅やスクールで講師として活動できるようになります。

更にこの資格は、日常生活の中でとるべき姿勢や、必要な食事や適切な睡眠の仕方まで理解している事を証明できます。

「普段はどんな姿勢でいればいいんだろう」「何を食べれば健康にいいのか分からない」などといった生徒の疑問にもアドバイスできるようになります。人の役に立てる、信頼感のある講師になりたい人は是非取得しましょう。

2位 ピラティスエクササイズインストラクター

ピラティスエクササイズインストラクターも、取得すれば講師として活動できるようになります。この資格でも、ピラティスについての基礎知識を所持している事を証明できるので、とても人気があります。

セラピーアドバイザーと違い食事などについては学びませんが、ピラティスにおいて必要な知識は十分獲得できます。肩、腰、手足に関する多くのピラティスエクササイズが学べるので、生徒一人一人の身体に合ったエクササイズの指導を行えるようになります。

ピラティス後に自宅で行えるストレッチの方法も学べるので、生徒の身体の状態を聞きながら、適切なアドバイスを行えるようになります。

3位 ピラティスマットインストラクター

ピラティスマットインストラクターは、マットの上で行うピラティスにおいて、基礎の動きを習得している事を証明する資格となっています。生徒に対する指導法も学ぶ事ができます。

ピラティスは元々、負傷した兵士や病気の人がベッドの上でもリハビリができるように開発されたものです。ベッドの上でなくても、マットがあれば同じようにピラティスを行う事ができます。

マットさえあればどこでもできるので初心者に人気があり、これから自宅でピラティス教室を開きたい方におすすめです。ただ、マットピラティスは自分の身体だけを使って行うので、それ程強い負荷を与えるものでは無いです。スポーツ選手を相手にしたい場合など、より強い負荷を必要とする場合は、4位のマシンインストラクターも併せて検討して下さい。

4位 ピラティスマシンインストラクター

ピラティス専用の機械を使う為の資格です。機械を使用する事で、身体に与える負荷を自由に調整する事ができます。高齢者やピラティス初心者には弱い負荷を与え、身体の部位を効率的に鍛える事ができます。

逆に、スポーツ選手などには高い負荷を与えて、短期間で効率的な身体強化が可能です。ただ、マットピラティスと比べると取得にお金がかかり、機械を設置する資金と場所も必要になる為、より本格的な活動をしたい人に人気の資格となっています。

5位 IBMA認定ピラティスベーシックインストラクター

国際ボティメンテナンス協会(IBMA)が発行している、ピラティスインストラクター資格です。ピラティスのムーブメントを習得するだけでなく、ムーブメントが身体にどのような影響を及ぼしているのかを正確に学ぶ事ができます。身体の仕組みを学びながら習得できるので、生徒の疑問に答えられる能力が身につきます。

また、ベーシックインストラクターは3級であり、アドバンスインストラクターが2級、マスターインストラクターが1級となっています。2級は、基礎のムーブメントを現代人に向けてアレンジしたものを学べます。1級は、姿勢を改善するストレッチが学べるのに加えて、2級と3級の生徒を指導する事ができる資格を取得するのに必要になります。

3級でもピラティスの講師として十分な能力が身に付きますので、経済的に無理をしてまで2級、3級を取得する必要はありません。余裕がある上で、より高度な技術を習得したい人のみ、2級、1級を目指してみましょう。

自分にあったピラティス資格を取ろう

今回は、人気のあるピラティス資格をランキング別に紹介致しました。ピラティスに関するどの資格を取ればいいかは、自分自身の環境や経済力と相談して決めましょう。

今から始めるならマットピラティスの資格でも構わないですが、講師を続けるうちに必要な知識が増えていく可能性は高いです。ですので、セラピーアドバイザーかエクササイズインストラクターの資格を始めから取得しておくというのも一つの方法ではあります。マシンインストラクターに関しては、機械を利用可能かどうかよく考えてから検討するのをお勧めします。

自分に最も適したピラティス資格を取得して、生徒から信頼される講師になりましょう。
ピラティス資格 ピラティス資格