幼児食
Pocket

ベビーフードインストラクター認定試験とは、子どもの身体と食物・栄養との密接な関わりを十分に理解し、その年齢の子に合わせたベビーフードを料理したり、献立を作成したりする知識や技能が備わっているかを認定する試験です。
この資格を取得することができれば、子どもの身体に適したベビーフードを作ることができるようになり、子育ての中での献立作成が少しやりやすくなると思います。また、春夏秋冬やその季節のイベントなどに合わせたメニューや色とりどりのベビーフードを作ることができれば、見た目からも子どもに喜ばれる食事を用意してあげることができりょうになります。
これから子どもを持ちたいと思っている人や、現在子育てをしていている人には特にうってつけの資格なのではないでしょうか。

ベビーフードインストラクター認定試験の概要

【受験資格】特になし。誰でも受験可能。

【受験料】10,000円

【受験申請】インターネット申し込み。奇数月の1日~30日。

【試験期間】偶数月の20日~25日

【受験方法】在宅での受験

【合格基準】全体の7割以上の評価

【合否】2か月後の20日

ベビーフードインストラクター認定試験に合格することができれば、子どもの年齢に沿って変化していく、特に必要になる栄養素について詳しく学習することができます。親であれば子どもの身の回りについて強く注意を払う人がほとんどではないでしょうか。食事から子どもの習慣を変化させることで、その後のしつけや生活習慣にも違いが出てきます。

在宅での受験ということですので、堅苦しさなどは特に感じずに、興味を持った人なら誰でも受けやすい敷居の高さに設定されています。

人が大人になったときの体の大きさや体質は、大半は乳幼児の時点で決まるといっても過言ではありません。特に直接子どもの身体に影響の出る栄養分には特に気を付けたいところです。その子の今の健康だけでなく、将来も健康的で強い体でいられるように、小さなことからコツコツと配慮することがとても大切です。

また、偶数月に受験することが可能なので、一年間の中で6回のチャンスがあります。自分のペースで勉強もできますし、受験するタイミングも自分で決めることができます。

べビーフードインストラクター認定試験の口コ

ベビーフードインストラクター認定試験の口コミは好評です。

理由は、近年の国民の健康志向にあると考えられます。大人の人でしたら、油ものを控えたり、野菜を少しでも億摂取するために青汁を飲んだりと、その形は様々ではありますが、その健康増進の考えが自分だけでなく子どもたちにも繁栄させてあげたいと思う人が多く見られます。

この数十年だけで見ても、栄養や健康についての法律も大きく改正が施されてきました。生活習慣病やその他の病気など、幅広い病気に目を向けられ、それは国民の考え方にも影響を与えてきました。

また、乳幼児の、食物アレルギーによるアナフィラキシーショックによる死亡事故が目立っていることも理由のひとつに考えられます。給食の管理状況やお菓子の中にアレルギー物質が含まれていたなど、どこで食品による事故が起きてしまうかわからない時代です。親として、子どもを確実にそういった事故から守ってあげることは役割の一環でもあり、親としての望みでもあるのではないでしょうか。

ベビーフードインストラクターはどんな人に向いている?

・子育てをしている人

子どもを持とうとしている人や子育てをしえいる最中の人は、特に子どもの食事については、こだわってあげる必要があると思います。子どもの今の健康を守るため、将来の子どもの体を強くしてあげるために、まずは食事から変化させることが近道かもしれません。

ベビーフードインストラクター資格の活かし方の例

・子どもの食事に役立てる
今、この子にはどういった栄養素が特に必要なのかを詳しく学習できることはもちろん、食事でのマナーや食べ方、時間帯を設定することによって、その子の生活習慣も規則正しくすることができ、身体だけでなく精神的にも成長することができると思います。
幼児食  幼児食

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
shikakujiten
ランキング
目次有望な資格とは第1位 ファッションデザイナー第2位 インテリアデザイナー第3位 フラワーアレンジメントデザイナー第4位 クリーニングイン...
食育
学び
「食育」という言葉が日本で聞かれるようになって既に長く、特に子育てを行っていく上で病気をしない、ならない、させない愛情のある食事を食べさせる...