手紙の書き方

ペン字・手紙に関する資格ランキング

Pocket

手紙は、古くから日本に存在する情報交換手段ですよね。

普段から会う親しい人とも、たまにしか会えない人とも、仕事で関係している方にも、我々は手紙を色んな人に送ることがあります。

その際、自分の気持ちや内容が、わかりやすく相手に伝わる方が、もらった側としても気持ちがいいですよね。

今回はコミュニケーションには欠かせない、ペン字・手紙に関する資格について、ランキング形式でご紹介します。

第三位 硬筆書写検定(ペン字検定)

硬筆とは筆ではないペン(鉛筆、ボールペンなど)のことです。

この資格は、日本書写技能検定協会が認定している資格です。受験するために必要な資格や条件は特にありません。

階級は、5級、4級、3級、2級、準1級、1級があり、いずれの試験でも実技と硬筆に関する理論が問われます。

5級の合格率は95%程度ですが、1級の試験になると合格率も10%程度となり、級が上がっていくと非常に難易度が高くなるようです。

試験は年に3回ほど開催されており、試験会場も北は北海道、南は沖縄まで全国各地であるようです。詳しい場所については、ホームページで確認してみてくださいね。

受験料は5級が1100円、4級が1400円、3級が2100円、2級が3100円、準1級が4500円、1級が5500円です。

第二位 手紙・文章ライター

この資格は、日本インストラクター協会が認定している資格です。

受験料は10000円で、在宅受験になります。試験で70%以上得点することが合格条件です。

試験は年に6回行われていますので、比較的挑戦しやすい資格ではないでしょうか。

現代では使われる回数も減ってしまった手紙には、文章力が欠かせませんよね。

相手にわかりやすく伝えるためには、わかりやすい文章が必要です。

また季語や、挨拶の言葉など多くの決まりごとも存在していますよね。

これらの知識を身に付けたい方や、手紙での交流を楽しみたい方には是非おすすめしたい資格です。

第一位 レターライティングマスター

この資格は、日本デザインプランナー協会が認定している資格です。

受験料は10000円で、在宅受験になります。試験で70%以上得点することが合格条件です。

試験は年に6回行われていますので、2位に引き続き比較的挑戦しやすい資格ではないでしょうか。

日本語はとても美しい言語だと言われています。

それは、季語があることや、敬語を使う文化があるからです。

ですが、これらは非常に複雑で、使いこなすには難易度が高いと感じることが多いのではないでしょうか。

相手が違ったり、季節や状況が違うと伝えたいことは同じでも、書くのにふさわしい言葉が大きく変化することもあります。

手紙に使われる全ての言葉を熟知し、場合によって使い分けることができる方は少ないように感じられます。

手紙という文化が廃れ始めている現代ではなおさらですよね。

古来からある様々な日本文化が消え始めているのが現状ですが、先祖が残していった日本独特の美しい文化は後生にも残し、伝えていくことが好まれるのではないでしょうか?

今回は、ペン字・手紙に関する資格についてご紹介しました。

ペン字や手紙を使うことは少ないかもしれませんが、きっとあなたの生活で役に立つことがあると思いますよ。
手紙の書き方 手紙の書き方