心理カウンセラー
Pocket

メンタル心理インストラクター認定試験資格とは日本インストラクター協会(JIA)が主催する認定試験です。

 

メンタル心理インストラクターとは、カウンセリングという相談援助知識、カウンセリングに関わる倫理、インテーク面接 共感的理解 転移 適応機制 カタルシス 心理アセスメント、チーム医療 地域精神医療 ケースカンファレンス、来談者中心療法、指示的カウンセリングなどを十分に理解したと捉え、レベルまで達した方へ認定されます。

 

現代人はストレスを多く抱えています。それは環境要因だったり、人とのコミュニケーションから来るものだったり、理由も多岐にわたっています。このような「悩み」に正面から取り組んで解決へ導くお仕事がメンタル心理インストラクターです。人の役に立つ素敵なお仕事だと思います。

今後、さらに需要が高まる業種ではないでしょうか?

 

《メンタル心理インストラクター認定試験のメリット》

 

1 就職は?

メンタル心理インストラクターとして、自分でサロン等を運営することもできます。他にも、病院や福祉施設、教育機関や一般企業等でメンタル心理インストラクターとして働くこともできます。

 

2 メンタル心理インストラクターは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、100%メンタル心理インストラクターの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。価格も材料すべてコミコミで79,800円とお得な設定になっています。そのうえ、最短2か月で資格取得が可能になっています。合格保証+材料代を考えると、通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

3 複数資格を同時に取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と「メンタル心理インストラクター」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト代+受験料をとられること、しかも合格は100%ではないことを考えれば、通信講座で資格を取得するのがお得だといえますね。W資格ゲットでメンタル心理のエキスパートを目指せます。

 

4 講師活動ができる

メンタル心理インストラクターの資格所得後はカルチャーセンターや自宅で講師活動が可能になります。

 

5 副業が可能

「ココナラ」というサイトをご存知でしょうか?ここでは自分のスキルを売ることができます。メンタル心理インストラクターとして、悩み相談を受けるなどして、副業ができます。このような方法であれば、自宅でできるので、店舗スペースの確保などは必要ありません。しかも「空き時間」に仕事ができるので、忙しい主婦むきではないでしょうか。

 

《試験の概要》
・メンタル心理インストラクターの基礎知識、家族とともに治療する

・クライアントと家族の関係性、適度なサポート

・社会復帰に向けて、予防のための生活改善、社会復帰を助ける支援制度

試験では、上記の内容で70%の評価が必要とされています。

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

メンタル心理   メンタル心理

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
shikakujiten
ランキング
目次色々な使える資格第1位 メディカルハーブカウンセラー第2位 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)第3位 ソムリエインストラク...
紅茶
学び
紅茶マイスター認定試験資格とは日本安全食料料理協会(JFSCA)が主催する認定試験です。   紅茶マイスター認定試験は、紅茶オーナーの知識と...