心理カウンセラー
Pocket

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験資格とは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する認定試験です。

 

メンタル心理ヘルスカウンセラーとは、心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。

 

皆さんは悩んでいるときどうしていますか?両親に相談する、友達に相談する、配偶者に相談する…様々だと思います。しかし、相談する相手が「悩み」の原因だったり、なかなか人には言えないような悩み(悩みは通常こういうものですよね)だった場合はどうしますか?

こういった悩みを抱えている人の悩みを聞いて、解決に導くお仕事がメンタル心理ヘルスカウンセラーのお仕事です。

仕事をすることが「人の役に立つ」。素晴らしい仕事ではないでしょうか?

 

《メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験のメリット》

 

1 就職は?

メンタル心理ヘルスカウンセラーとして、自分で「カウンセラー」として、サロン等を運営することもできます。他にも、病院や福祉施設、教育機関や一般企業等でメンタル心理ヘルスカウンセラーとして働くこともできます。

 

2 メンタル心理ヘルスカウンセラーは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、100%メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。価格も材料すべてコミコミで79,800円とお得な設定になっています。そのうえ、最短2か月で資格取得が可能になっています。合格保証+材料代を考えると、通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

3 複数資格を同時に取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と「メンタル心理インストラクター」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト代+受験料をとられること、しかも合格は100%ではないことを考えれば、通信講座で資格を取得するのがお得だといえますね。W資格ゲットでメンタル心理のエキスパートを目指せます。

4 副業が可能

「ココナラ」というサイトをご存知でしょうか?ここでは自分のスキルを売ることができます。メンタル心理ヘルスカウンセラーとして、悩み相談を受けるなどして、副業ができます。このような方法であれば、自宅でできるので、店舗スペースの確保などは必要ありません。しかも「空き時間」に仕事ができるので、忙しい主婦むきではないでしょうか。

 

5 自分の生活に取り入れる

メンタル心理ヘルスカウンセラーの知識は生活にも役に立ちます。お友達で悩んでいる人がおたら相談に乗ってあげる。メンタル心理ヘルスカウンセラーとして知識を蓄えているあなたが相談になってあげれば、相手からの信頼もますことでしょう。このようにより良い人間関係の構築にも資格が役に立ちます。

 

《試験の概要》
・メンタル心理カウンセラーの基礎知識

・心理的ストレスによる症状、心理的ストレスが招く特徴的症状、心理的ストレスの主な原因

・回復するための治療法、治療に関して知っておくこと、外部的治療法、内部的治療法

試験では、上記の内容で70%の評価が必要とされています。

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

メンタル心理   メンタル心理

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
幼児食
学び
少子化がますます加速する中、子供一人にかける愛情や思いまますます大きくなっています。中でも近年大注目され続けている“食育”で、食べる事を通し...