ワインソムリエ
Pocket

ワインコンシェルジュ認定試験とは日本安全食料料理協会(JFSCA)が主催する認定試験です。

 

ワインコンシェルジュ認定試験とは、ブドウの品種ごとに異なる特徴や、世界各国のワイン事情など、ワインに対する基本的な情報をマスターした人を認定する試験です。

 

近年日本でも、ワインに対する需要が高まっています。テレビでも有名人にワイン好きが多いですよね?そんなワインを語れると、カッコイイですよね?資格を持っているだけでもオシャレに見えませんか?

 

《ワインコンシェルジュ認定試験のメリット》

 

1 就職に有利

ワインコンシェルジュ認定試験資格取得後は飲食業・酒類製造業及び販売業・流通業などの業種での就職に有利になります。そのほかにも前述した業種での「スキルアップ」にも役立ちます。

 

2 講師として活躍できる

ワインコンシェルジュの資格取得後は講師として活躍することが可能です。自宅やカルチャースクールはもちろんのこと、自分のお店でおいしいワインを飲みながら「ワイン講座」をレクチャーするなんて、素敵ではありませんか?

 

3 ワインコンシェルジュは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、100%ワインコンシェルジュの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。価格も材料すべてコミコミで79,800円とお得な設定になっています。そのうえ、最短2か月で資格取得が可能になっています。合格保証+材料代を考えると、通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

4 複数資格を同時に取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「ワインコンシェルジュ」と「ソムリエインストラクター」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト代+受験料をとられること、しかも合格は100%ではないことを考えれば、通信講座で資格を取得するのがお得だといえますね。W資格ゲットでワインのエキスパートを目指せます。

 

5 自分の生活を充実することができる

ワインコンシェルジュとしてワインの専門的知識を得ることによって、生活を充実させることができます。お友達を招いてのディナーパーティーでワインの知識を活かして料理に合うワインを提供したり、オススメのワインを飲み比べしたり・・・ワンランク上のパーティーが開けそうですよね?

資格のための勉強というよりは、趣味の延長線という感じでワインコンシェルジュの資格を取得するのも「あり」ではないでしょうか?おしゃれなワインで人生を充実させてみませんか?

 

《試験の概要》
試験では以下の内容が問われます。

 

ワインの歴史、ワインの産地・特徴、ブドウの栽培と品種、ワインの格付け、ワインの分類、ワインのサーブ、ワイン法、ワインの造り方、ワインと料理

 

本番の試験での合格基準は上記の内容で70%以上の評価をとらなければならないとされています。

合格率は非公開です。

 

《受験資格・日程・受験料等》

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

ワイン   ソムリエ

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
カラーセラピー
学び
目次カラーセラピーの効果色の効果って?どうやって生活に取り入れる?仕事にも生かせる カラーセラピーの効果 数年前から癒し業界でも不変の存在と...