shikakujiten
Pocket

野菜を栽培するには、広大な畑が必要だと思われがちですが、最近はベランダでプランターなどに野菜を栽培する、ベランダ菜園が流行の兆しを見せています。

老若男女問わずに簡単に始められるベランダ菜園。

今回は、そんなベランダ菜園に関する資格をランキング形式でご紹介します。

第四位 家庭菜園検定

これは、家の光協会が主催する資格で、試験に合格すると取得できます。試験は3級から1級まであり、3、2級は誰でも受験することができます。1級は、2級を合格していることが受験の条件です。

現在この資格を取得することは難しいようです。というのも、家の光協会が検定を中止してしまっているからです。検定が再開されるのは、残念なことに、いつになるのかわかりません。

家庭菜園に興味を興味を持ち始めた方に、是非おすすめしたい資格なので、検定が再開されることを心待ちしましょう。

第三位 美味安全・野菜栽培士

これは、日本園芸協会が主催する資格で、講座を受講することで取得できます。受講料は43,000円で、在宅での通信講座になります。

この講座を受講すると、無農薬・有機栽培での安全な野菜の作り方だけでなく、約150種類もの野菜の育て方や、レシピも学ぶことができるようです。

資料請求は無料でできますので、興味を持った方は是非受講を考えてみてはいかがでしょうか。

第二位 家庭菜園インストラクター

これは、日本インストラクター協会が主催する資格で、試験で70%以上得点すると取得できます。受験料は、10,000円で、在宅での受験になります。試験は年に6回行われているので、挑戦しやすい資格かもしれませんね。

この資格では、様々な植物と野菜の種類を把握し、それぞれに適した環境を理解することが求められます。また植物、野菜を害虫からも守り、枯らさないようにすることも求められるので、本格的に家庭菜園を始めたい方におすすめの資格です。

この資格をもっていると、自宅やカルチャースクールで講師として働くことができます。自分だけでなく、他の人にも家庭菜園をすすめたいかたは、持っていてもいい資格ではないでしょうか。

第一位 ベランダ菜園アドバイザー

これは、日本生活環境支援協会が主催する資格で、試験で70%以上得点すると取得できます。受験料は、10,000円で、在宅での受験になります。試験は年に6回行われているので、家庭菜園インストラクター同様に挑戦しやすい資格ではないでしょうか。

植物と野菜の育て方に関する、確実な知識と技術を習得していることが求められる資格です。また、アドバイザーとして他の人に教えられる技術も必要になります。

家庭菜園を始めた方で、比較的家庭菜園に充てる時間が多い方や、小さいお子さんがいる方、ご自身や家族の健康のために、安全な野菜を求めている方に是非おすすめしたい資格です。

今回は、ベランダ菜園に関する資格についてご紹介しました。

広い畑で栽培するのとは、また違った難しさのあるベランダ菜園。

日当たりが良好でなかったり、温度管理や与える水の量調整が大変だったりと、畑で栽培するよりも知識や技術が必要かもしれませんね。

限られた範囲で、安心安全な野菜が作れるようになると、今よりも健康的な生活が期待できるのではないでしょうか。

家庭菜園に興味を持ち始めたかたは、是非資格取得を検討してみてくださいね。

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事