shikakujiten
Pocket

建築材料インストラクター認定試験資格とは日本インストラクター協会(JIA)が主催する認定試験です。

 建築材料インストラクター認定試験は、建築用材(木材、石材、コンクリート、鉄鋼など)、内外装仕上げ材(築壁材、床材、屋根材、各種ボード、建具、建築用金物など)、性能維持材(シール材、断熱材、吸音材、防水用材など)で、素材の種類としては木材、セメント、年度、金属などがあり、その材料を理解したものに授与される資格です。

 建築業界は仕事が増加しています。建築業界の現在お勤め、もしくは今から就職を希望している方におすすめの資格です。

 

《建築材料インストラクター認定試験のメリット》

 

1 就職は?

建築業界はもちろんのこと、建築材料や資材を取り扱うメーカー等の就職に有利な資格です。

また、住まいの観点から建物全体を鑑定・判断する知識も習得できるため、不動産関係にも需要のある資格です。

 

2 建設業に従事される方のスキルアップに

建築素材に関する知識が深まりますので、建築・不動産系の業種に従事する方のスキルアップに最適です。

 

3 建築材料インストラクターは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、100%建築材料インストラクターの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。価格も材料すべてコミコミで79,800円とお得な設定になっています。そのうえ、最短2か月で資格取得が可能になっています。合格保証+材料代を考えると、通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

4 複数資格を同時に取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「住まいアドバイザー」と「建築材料インストラクター」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト代+受験料をとられること、しかも合格は100%ではないことを考えれば、通信講座で資格を取得するのがお得だといえますね。W資格ゲットで建築材料のエキスパートを目指せます。

5 講師活動ができる

建築材料インストラクターの資格所得後は、カルチャーセンターや自宅で講師活動ができます。自分で材料を吟味して作った自宅で建築材料のレクチャーができるとか、素敵ですね。

 

6 これから、家を建てる予定の方にも

家を建てる場合、どこに重点を置きますか?外装・インテリアなど、「見かけ」は当然のこと、「建築素材」にも重点を置いてみませんか?

家は一生の買い物を言われるほど高価です。そして、気軽に建て替えができるのもではありません。その家を「自分流」にアレンジして、「本当に満足できる家」を建ててみませんか?

ハウスメーカーなどでは、設計などの説明は詳しく説明してくれますが、「建築素材」に関しての説明はあまりありません。あっても「○○の素材を使っています」では、素人では理解できませんよね?

建築材料インストラクターの知識を使って、「素材から本物」の家を自分で建てることができるのは素敵ですよね。

 

《試験の概要》
・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・合格基準

70%以上の評価

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

 

 

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
学び
目次洋食エキスパートとは洋食エキスパート認定試験とは洋食エキスパートになったら洋食エキスパート 口コミ評判 洋食エキスパートとは 日本の洋食...
幼児食
学び
幼児食マイスター認定試験とは、子どもの成長に沿って特に必要になってくる栄養素やそのバランスについての基礎勅使を身につけ、その知識をもとに献立...