日本茶

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

Pocket

日本茶セレクター認定試験とは、日本茶についての歴史や種類の違い、茶葉になるまでの過程などの日本茶の基礎知識が備わっているか認定する試験です。
この資格を取得することができれば、日本茶についての詳しい伝統や、栽培・収穫方法など、専門知識を学習することができます。また、そのお茶や茶葉の価値や相場や、より良いお茶の淹れ方など、お茶に関する様々なことを詳しく研究することもできます。
毎日お茶を茶葉から落として飲む人、シンプルにお茶が好きだという人も、こちらの資格については非常に身近なものとして触れることができ、一息つくときを良質にしたい人にはうってつけの資格なのではないでしょうか。

日本茶セレクター認定試験の概要

【受験資格】特になし。誰でも受験可能。

【受験料】10,000円

【受験申請】インターネット申し込み。奇数月の1日~30日。

【試験期間】偶数月の20日~25日

【受験方法】在宅での受験

【合格基準】全体の7割以上の評価

【合否】2か月後の20日

日本茶セレクター認定試験に合格することができれば、お茶に関する専門知識を得ることができます。日本茶セレクター資格を取得した後には、仕事や就職でも生かすことができますし、趣味として日常の中に取り入れることも可能です。

在宅での受験ということですので、堅苦しさなどは特に感じずに、興味を持った人なら誰でも受けやすい敷居の高さに設定されています。

お茶は日本人にとってとても身近であり、毎日飲む人もそう少なくはないのではないでしょうか。そんな時にちょっとした配慮をすることによって一服の時間がより良いものになると思います。

また、偶数月に受験することが可能なので、一年間の中で6回のチャンスがあります。自分のペースで勉強もできますし、受験するタイミングも自分で決めることができます。

日本茶セレクター認定試験の口コミ

日本茶セレクター認定試験の口コミは好評です。

理由は日本の伝統である和の文化が世界的に広く知られるようになったことであると考えられます。

最近和食は、身体への優しさや見た目の美しさから、世界的に強く関心を呼び、注目を受けています。日本食の中での飲み物といえばやはりお茶ですよね。お茶も、和の文化のひとつとして世界に注目を集めているのです。

また、部活動でも茶道部があるなど、外国人だけでなく、もちろん日本人にもその人気は高いです。特に年配の人に和の文化はとても人気ですが、若年層にもその人気は広がりを見せるようになってきています。

色々な国、色々な年齢層に日本の和の文化は強い人気を得ることになったのです。

日本茶セレクターはどんな人に向いている?

・お茶が好きな人

毎日でなくともよくお茶を飲む、お茶が好き、というシンプルな理由でもこちらの資格を取得しようとする人は少なくありません。家族に本格的なお茶を出してあげたり、自分で飲む際にも少しだけこだわってあげたりするだけで、お茶の質は大きく変化するでしょう。

・仕事でお茶を扱う人

接待などが頻繁にあり、お茶をよく誰かに作ることがあるという人にこの資格はおすすめすることができます。ちょっとした気遣いや注意を施してお茶を淹れることで、相手に好印象を与えることができるかもしれません。

日本茶セレクター資格の活かし方の例

・茶葉屋で働く

お茶や茶葉について詳しい知識を身につけることができるのでしたら、茶葉の専門店や、お茶菓子のお店では即戦力として働くことができるようになります。

・日常生活に取り入れる

毎日お茶を飲む人に限らず、たまにしか飲まない人でも、お茶についての専門知識を身につけておけば、日常の中で飲むお茶や、家族に出すお茶を美味しく仕上げることができます。

・講師活動

日本茶セレクターの資格を取得するにあたって得られた知識を、カルチャースクールや通信教育、茶道教室、料理教室で教える、講師として活躍することができます。
日本茶・お茶 日本茶・お茶