水彩画

水彩資格人気ランキング

Pocket

水彩は、絵画の技法のひとつとして長い歴史を持っています。水を溶剤とした絵の具を使用することで、絵に独特のにじみを与え、深みのある淡い表現を可能とする技法です。水彩画の歴史はとても古く、旧石器時代の壁画までさかのぼると言われています。絵を描くという事は常に人類の歴史と共にあり、創作の世界ではもっとも重要視されるものです。

現在でももちろん、絵を描く事は多くの人に好まれる趣味であり、職業としても深く浸透しているものです。また、絵を描く事には想像力を育む効果があるため、教育の分野にも取り入れられています。学生の頃美術部に所属していた人の中には、水彩画を書いた事があるという人もいるでしょう。

水彩画の技術はどんどん発展しており、様々な技法、道具がつかわれています。知識がなくても最低限の道具があれば水彩画を書く事はできますが、より深い知識を身につければ、水彩画の技術は必ず上達します。ここでは、水彩画をもっと上手くなるために役立つ、2つの資格を人気順にご紹介いたします。

 

1位 水彩アーティスト

水彩アーティストは、水彩画を描く上でのルールと技法を、高いレベルで習得している事を認定する資格です。模型や広告資格などで有名な、日本デザインプランナー協会が発行していて、芸術分野の職業に役立つとして大変人気があります。

水彩画を描く上で必要な知識は多く、どのような構図で書けば絵に立体感が出るのか、モチーフに適した絵の具はどれなのか、用紙はどう選べばいいのかなど、多岐にわたります。また、作品の製作途中や完成後に、作品を長持ちさせるにはどうすればいいのかといった事も、知識がないと中々分からないものです。水彩アーティストはこれらの知識を全て習得していないと取得できないものであり、画家としてレベルアップするためには必須の資格であるといえます。

資格を取得するには、日本デザインプランナー協会が実施している認定試験を受ける必要があります。受験に必要な条件は無く、画家としての活動を行った事が無い方でも申し込む事ができます。試験自体も2ヶ月に1回程の頻度で行われているので、自分の勉強の度合いと合わせて、都合のいいタイミングで受験しましょう。合格には正答率70%以上が必要なので、しっかりと勉強しておいて下さい。

資格取得後は、水彩アーティストとしてカルチャースクールや自宅で、水彩画の講師として活動できるようになります。また、インターネットの普及に伴い、自作の絵を気軽に公開する事ができるようになったので、絵の上達を目指している人は一気に増えました。そうした人たちに教えるのにも水彩アーティストの資格は役立つものとなっており、人気はどんどん上がってきています。

2位 水彩画インストラクター

水彩画インストラクターは、日本インストラクター技術協会が発行している、水彩画の講師資格です。水彩画を描く上での基礎や、うまく書くためのコツ、風景画や人物画を描く際の注意点など、実践的な知識と技術が求められる資格となっています。

水彩画は多くの人に好まれている画風ですが、狙った色をだしたり、絵にどう配色すれば綺麗に見えるようになるのかといった技術は中々身につかないものであり、感覚だけに頼ってしまう傾向があります。感覚はもちろん芸術分野において大切ですが、確かな知識が無ければ、稚拙なものになりがちです。水彩画インストラクター資格を取得するには、配色や色の作り方も学ぶ事になるので、確かな知識と技術が身につきます。

絵は、ペンと紙さえあれば殆どの人が書けるので、気軽な趣味といえます。しかし、その分専門家に求められる水準は高く、プロフェッショナルは少ない傾向にあります。芸術分野は数値での評価が難しく、専門の資格を持っている事は、一つのステータスになります。画家として活動したい人は、ぜひ水彩画インストタクター資格取得を目指して下さい。

資格の取得後は、水彩画の講師として活躍できるようになるのはもちろんの事、美術館などで働く上でも役に立ちます。絵の保存方法を知っている人や詳しい解説ができる人の需要は高いですが、数は多くありません。絵に関係する仕事をする上で、必ず役に立つ資格となっています。

水彩画のスペシャリストになろう!

今回は、水彩画に関する資格を人気順に2つ、ご紹介いたしました。現在、水彩画を描く事を趣味にしている方、これから始めてみたい方には敷居が高く感じるかもしれませんが、楽しみながら取得を目指せる資格ですので、ぜひ挑戦してみて下さい。

もちろん、絵に関係する仕事をしている人にもおすすめできる資格であり、取得できればキャリアアップにたいへん役立ちます。現在、伸び悩んでいたり、講師として絵に携わっていく事を希望する人にも、必須の資格であるといえます。資格を取得して、確かな技術と自信を獲得し、絵のスペシャリストになる事ができれば、きっと、絵をもっと好きになれるでしょう。
水彩画資格 水彩画資格