no-image

水耕栽培資格人気ランキング

Pocket

水耕栽培は、農作物の新しい栽培方法として注目されています。土で栽培するのではなく、水の中で植物を栽培する方法で、狭いスペースでも農業をする事が可能です。また、園芸の分野でも好んで利用されており、これまで難しいとされた根菜類の栽培もできるようになりました。

水耕栽培は水に球根等をひたして植物を栽培するため、土壌での栽培と比べて視認性が高く、園芸を趣味とする人が植物の成長を見て楽しむ上で非常に適しています。また、災害地は津波での塩害のため土壌での農作物栽培が難しい場所が多く、その対策としても、水耕栽培が検討されています。今後、全国的に広まっていくとされる水耕栽培には、いくつかの専門資格が存在します。ここでは、人気のある資格を、ランキング形式でご紹介いたします。

 

1位 野菜水耕栽培士

人気第一位の資格は、野菜水耕栽培士です。資格取得には、水耕栽培に関するあらゆる知識が必要になります。どのような野菜が栽培できるのか、どのように育てるのがいいかを知る事から始まり、野菜ごとに適した環境作りの知識、栽培に必要な道具の種類などに関して、幅広い知識が必要になります。植物につく害虫対策も学ぶ事ができますので、趣味の園芸にも役立つ知識が取得できます。

研究によって、水耕栽培で作る事ができる野菜の種類はどんどん増えてきています。エンドウ豆のような豆類、キャベツや小松菜などの野菜に加えて、イチゴやパイナップルなどのフルーツも栽培が可能になっています。また、水耕栽培の技法には、多段式、トロ舟、タワー型、ポンプ型など、様々なものがあります。資格取得には全てを覚える必要があり、水耕栽培のエキスパートを目指すには最適な資格であるといえます。

また、インテリアとして園芸を楽しむ人にとっても水耕栽培は魅力的なものであり、基礎知識を学びたい人は増えてきています。しかし、まだ水耕栽培の専門家の数はそれほど多くなく、講師が不足している状況となっています。資格取得後はカルチャースクールなどで講師として活動できるので、人手不足の中で重宝される存在になれます。

趣味として園芸を楽しんでいる人や、土壌栽培に加えて水耕栽培にも手をつけたい農家の方達に大変人気がある資格ですので、ぜひ取得を目指して下さい。

2位 水耕栽培インストラクター

水耕栽培インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定している水耕栽培資格になります。水耕栽培の基本をしっかりと学び、野菜と果物の種類別の栽培方法を理解している事を証明できる資格となっています。

水耕栽培インストラクターは、自分で農作物を栽培する他に、趣味として園芸をしている人に技術を伝える役割を担っており、身の回りの物を使って水耕栽培を楽しむ方法を伝える事ができます。水耕栽培を趣味として始めるのは敷居が高いと思っている人は多いですが、実はペットボトルやトレイ、コップなど、普段から使っている物でも水耕栽培を十分楽しむ事ができます。しかし、それぞれの道具を使う上での注意点、植物別に適した道具などにはある程度の知識が必要ですので、水耕栽培インストラクターの知識は非常に役立つものとなっています。また、現在趣味として園芸を行っている人でも、取得を目指す価値はある資格となっています。

資格取得後は、水耕栽培の楽しさを伝える講師として、自宅やカルチャースクールで活躍できます。また、喫茶店や園芸関係の職場に就職する際にも役立つ資格となっており、人気が高い資格となっています。

3位 美味安全野菜栽培士

美味安産野菜栽培士は、水耕栽培専門の資格ではありませんが、安全かつおいしい野菜作りに必要な知識がたくさん身につく資格として人気があります。特に、趣味として家庭菜園を行っている人に人気があり、作れる野菜の種類を増やすためにはうってつけの資格であるといえます。

農薬を使用しない野菜作りを多く学べるので、小さな子供がいる家庭にも向いています。農薬を使用しないオーガニック野菜を自給自足して、健康的な食生活を送りましょう。また、旬の野菜をよりおいしく食べる為のレシピも学ぶ事ができるので、趣味の園芸がより楽しくなります。

資格を取得すれば野菜栽培のスペシャリストとして履歴書にも記入できるので、園芸店や農家に向けた雑誌を発行している出版社などへの就職にたいへん役立つものとなっています。これから園芸の知識をもっと身につけてステップアップしていきたい人に、おすすめの資格となっています。

自分に必要な水耕栽培資格を選ぼう!

ここまで、水耕栽培に関する資格についてご紹介いたしました。どの資格も野菜に関する知識を多く学べるので、趣味にも仕事にも役立つ資格となっています。水耕栽培に関して、より専門的な知識が必要な人は、1位の野菜水耕栽培士か2位の水耕栽培インストラクターの資格取得を目指しましょう。

健康的でおいしい野菜を自分で栽培して、家族で食べられれば十分な人は、3位の美味安全野菜栽培士資格を取得するのもいいでしょう。自分に必要な資格を選んで、品質の良い野菜を作れるようになりましょう。