Pocket

洋食エキスパートとは

日本の洋食は、日本で独自に発展した西洋風料理です。中には西洋料理の調理法をそのまま使っている洋食もあります。洋食についての基本的な知識をはじめ、洋食を食べる時に使用する道具や使い方、会食のテーブルマナー。洋食を作る時の調味料や調理器具、それぞれの鍋の使い方の理解を勉強していきます。また、洋食の仕込みや下ごしらえ。焼く、揚げる、煮込む、仕上げなどの過程もマスターしていきます。レシピ作りやソースの作り方など、実践的な知識も求められる洋食エキスパート認定資格です。

洋食エキスパート認定試験とは

洋食エキスパートは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間認定資格です。受験資格は特になく、誰でも受験ができます。認定試験の申込みは、インターネットからできます。受験料は10,000円です。(消費税込)認定試験は、2カ月に一度開催されます。受験形式は在宅試験です。在宅試験とは、試験期間中に解答をして、提出期日までに返信用封筒で解答用紙を郵送する方法です。好きな時間に自宅で試験に取り組めるのが特徴です。日程調整の困難な方や、遠方にお住まいの方に、人気の受験方法です。合格の基準は、70%以上の評価です。認定試験に合格すると、洋食エキスパートとして認定されます。この認定試験を行なっている日本安全食料料理協会とは、用途や目的に応じて、食品・料理の技術の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としている団体で、東京都港区にあります。洋食エキスパート認定試験の他にも、食品や料理に関する資格が多数用意されています。公式ホームページより閲覧できます。

洋食エキスパートになったら

洋食エキスパートは、洋食が好きな方や、洋食のお店を開きたい方に人気の資格です。洋食について一連の知識が学べるので、飲食業界で働きたい方などにも注目されています。洋食エキスパートになったら、洋食関連の仕事に就きやすくなります。また、洋食エキスパートで得た知識は日常生活でも活用できます。家族のために、心のこもったおいしい洋食を作ってあげられることは、とても素敵な事だと思います。洋食づくりの好きな人は、自宅やお店で料理教室を開いたりされている方もいます。可能性がいっぱい見える洋食エキスパートの資格です。洋食にはたくさんの種類があり、定番と言われているものだけでも相当の種類があります。そんな中で、ハンバーグで例えると、揚げるハンバーグ、煮込みハンバーグ、ハンバーグステーキなど、調理方法の違いだけで、別の食感や風味が楽しめたりします。シチューもホワイトソースを使ったクリームシチュー、デミグラスベースのビーフシチューなどがあります。基本的な事をマスターしたら、もっと細かい部分にも視野が置けるので、アレンジ上手な洋食エキスパートして、活躍できるでしょう。

洋食エキスパート 口コミ評判

飲食店で仕事をしています。仕事仲間と一緒にこの資格を取りました。洋食についての基本的な事が学べたので良かったと思いました。道具や器具など名前を覚えるのが大変でした。実践の部分は経験もあるので、楽しく勉強できました。この資格をとって良かったです。(20代・男性)

将来、昭和時代のような洋食店がやりたくて、この資格を取ろうと思いました。洋食の基本的な事すべてのような内容だったので、苦労しましたが、勉強は楽しかったです。覚えたことを踏まえて、家では洋食づくりをしていました。基礎知識を意識しているせいか、前より上手に洋食が作れるようになったと思いました。もっと洋食作りが上手になりたいです。この資格を選んで良かったと思いました。(30代・女性)

今持っている調理系の資格は、10年以上前に取ったものなので、スキル資格として洋食エキスパートを受験しました。勉強が復習できたようで良かったです。復習だけではなく、新しい知識も得られたと思っています。仕事にも役立ちそうな内容でした。この資格を取って良かったと思いました。(40代・男性)

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
風水
学び
風水セラピスト認定試験資格とは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する認定試験です。   風水セラピスト認定試験は風水に...
空間デザイン
ランキング
今までのデザインの主流は家具や工業製品などのデザインでした。空間デザインという全く新しい分野のものになります。これは今後商店や、大型の店舗な...