薬膳漢方
Pocket

漢方と言えば、昔からある薬の一種ですよね。

様々な植物を調合しているので、種類もたくさんあります。

今回は、そんな漢方薬膳に関する資格をランキング形式でご紹介します。

第六位 薬膳コーディネーター

これは、本草薬膳学院が認定する資格です。ユーキャンで行われている講座を受講し、試験である最終課題で60点以上得点すると取得できます。受講料は44,000円で、在宅受験になります。試験に落ちてしまっても、再々受験まで受けられるようです。

この資格を持っていると、本草薬膳学院へ編入し、薬膳についてさらに学ぶことができます。

漢方薬膳の入門として、おすすめしたい資格です。

第五位 薬膳アドバイザー

これは、日本中医食養学会が認定する資格です。取得するには、薬膳初級講座または、日本中医食養学会が認めた機関での薬膳講習を、40時間以上受けることが必要です。講座を受講していれば、申請するだけで取得できます。資格の発行は、3月、7月、11月の年3回です。

この資格を持っていると、薬膳コーディネーターで学ぶことができる薬膳よりも、更に発展的で深い内容を学ぶことができるようです。

第四位 薬膳漢方マイスター

この資格は、資格取得講座formieで行われている講座を受講し、検定に合格することで取得できます。受講料は、36,000円です。

薬膳は、体質によって病気を予防する中医学で、重要な実践法です。この講座では、身近な食材を中心とした薬膳を学ぶことができるので、家族の健康のためや、妊娠子育て中で体に気をつかいたい方に、おすすめです。

第三位 薬膳マイスター

これは、国際薬膳食育学会が認定する資格です。講座を受講し、試験である最終課題で70点以上得点すると取得できます。受講料は、34,000円です。国際薬膳食育学会を通して、講座を申し込むと受講料が10%割引きになります。

体調不良が気になる方や、ダイエットが中々成功しない方、薬膳の知識をつけたい方におすすめの資格です。

第二位 漢方コーディネーター

これは、日本安全食料料理協会が認定する資格です。試験で、70%以上得点すると取得できます。受験料は、10,000円で在宅受験になります。試験は年に6回行われているので、比較的挑戦しやすい資格かもしれませんね。

この資格では、漢方の基礎知識、歴史、思想から、診断方法、使い方など、深く幅広い知識を持っていることが求められます。

第一位 薬膳調整師

これは、日本安全食料料理協会が認定する資格です。試験で、70%以上得点すると取得できます。受験料は、10,000円で在宅受験になります。試験は年に6回行われているので、漢方コーディネーター同様に挑戦しやすい資格かもしれませんね。

身近な食料をつかった薬膳で、健康美容の維持・改善や、体内環境の整備ができるという手軽さから、とても人気のある資格のようです。

食品や医療に関係したお仕事をしている方だけでなく、家庭のなかで漢方を取り入れたい方にも是非おすすめしたい資格です。
今回は、漢方薬膳に関する資格についてご紹介しました。
身近にある食料から始められる手軽なものもあるようですので、ご自分の体調、周囲の方の体調が気になっている方や、小さなお子さんがいて健康に気を付けたい方は、漢方薬膳作りを始めてみてはいかがでしょうか。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事