Pocket

犬・猫ペットブリーダーとは

ペットブリーダーとは、犬や猫のペットの交配や出産、繁殖を手掛け、流通させる仕事です。ブリーダー開業に必要な、設計や準備をはじめ、ブリーダーを営むにあたって必要な知識の一連を勉強していくのが、犬・猫ペットブリーダー認定試験です。犬や猫の健康管理の実践的な事から、経営に関する知識も必要となるので、勉強の範囲は大きいです。また、取引やオークションの仕組み、時期による価格変動のことなど、細かい部分の知識を有していることが求められます。いざブリーダーとなると、交配の方法(外部委託、人工授精)や、個体の健康管理など実践的な技術も必要となる犬・猫ペットブリーダーです。

犬・猫ペットブリーダー認定試験とは

犬・猫ペットブリーダー認定試験は、東京都港区にある日本生活環境支援協会(JLESA)が行っている民間認定資格です。受験資格は特になく、試験の申込みはインターネットからできます。試験は2ケ月に一度の頻度で行っており、日本生活環境支援協会ホームページの犬・猫ペットブリーダーのページより、日程の確認ができます。受験料は消費税込みの10,000円です。受験形式は在宅受験です。在宅受験とは試験期間中の自由な時間に自宅で行なえます。解答用紙に解答を記入し、提出期限までに返信用封筒で解答用紙を郵送する方法です。70%以上の評価がもらえれば合格となり、犬・猫ペットブリーダーとして認定されます。この民間認定資格を開催している日本生活環境支援協会とは、用途や目的に応じて、生活における技術の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としている団体です。犬・猫ペットブリーダーの他にも生活を豊かにするように資格が多数用意されています。日本生活環境支援協会の公式ホームページより閲覧できます。

犬・猫ペットブリーダーになったら

犬・猫ペットブリーダーは、今注目されていて、とても人気のある資格です。ペットショップや、犬や猫に関わるお仕事をされている方が、予備知識や後学のために、犬・猫ペットブリーダー認定試験を目指す方もいます。昔は、ペットショップで犬や猫を購入するのが定番でしたが、現代はインターネットを利用した取引も多いです。一生を共にする犬や猫なので、心身ともに健康で、かわいい個体を繁殖させていくのも、犬・猫ペットブリーダーの役割です。犬・猫ペットブリーダーになっても、勉強や実践を積み重ねていく事が大切だと思います。犬や猫の集まる場所で、繁殖についてのアドバイスや教室などを開かれる方もいます。資格習得後は、ペットブリーダーとして活躍ができ、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

犬・猫ペットブリーダー 口コミ評判

私は、ペットブリーダーになりたくて犬・猫ペットブリーダーW資格取得スペシャル講座を受講しました。2資格だったので時間がかかりました。犬・猫ペットブリーダーの勉強は、覚えることが多かったけれど、とてもわかりやすかったです。内容は難しいのに、とても覚えやすいテキストでした。安心して勉強をすることができました。この資格を選んでよかったと思いました。(20代・女性)

ブリーダーを開業するため、認定資格を取ろうと思いました。犬・猫ペットブリーダーの勉強は難しかったけれど、犬、猫の種類別の繁殖方法を学べたので良かったです。まだまだこれから、実践的にやることがたくさんありますが、この勉強ができたおかげで、犬・猫ペットブリーダー開業準備がスムーズに行えそうです。ブリーダー業の経理の一例なども学べたので良かったと思っています。(30代・男性)

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
西洋占星術
学び
毎朝の星座占いや、ネットでの簡単な恋愛占いなど、好き嫌いは問わず、一度はやってみたことがあるはずです。 確実な根拠はないのに、占いの結果がい...