空間デザイン
Pocket

空間ディスプレイデザイナー認定試験は日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する民間試験で1・2級があります。

 

「空間デザイナー」とは室内・室外問わず、空間にデザインをするのが空間デザイナーの仕事です。店舗やホテルなどの内装や調度品などの設備設計など、何もない空間に設計・デザインを行い、一つの空間とするために設計・施工まで行うのが仕事です。

 

実際「空間デザイナー」になるためには特別な資格がいりません。現在空間デザイナーとして仕事をしている大半の方も資格を持っていないのが現状です。空間デザイナーの仕事に一番近い資格が「空間ディスプレイデザイナー」の資格となっています。

 

《空間ディスプレイデザイナー認定試験のメリット》

・就職に有利

求人検索を入力するとすぐ仕事がヒットします。それだけ需要が多い仕事であると言えます。

空間デザイナーとして「空間ディスプレイデザイナー」の認定資格を持っていると、建築系企業やデザイン系の企業への就職に便利です。

・キャリアアップに

現在「空間デザイナー」としてお仕事をしている方が自己評価を高めるために取得することで、キャリアアップにつながります。

・独立開業も可能

空間デザイナーはキャリアを積むことで独立・開業が可能です。その場合、数千円~数億円と言われるお金を稼ぎだしている人もいます。完全実力の世界でありますが、大きな夢を見ることができる職業ではないでしょうか?

・空間ディスプレイデザイナーは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、認定試験を受験しなくても、空間ディスプレイデザイナーの1級の認定がもらえます。しかも、最短で2ヵ月で資格が取得することができます。受講料も12万円とお得な設定です。

これで100%空間ディスプレイデザイナー1級の資格が認定されるなら、通信教育を受講したほうがお得だと思います。

 

《試験の難易度は》

空間ディスプレイデザイナー認定試験は1級と2級があります。

・1級

空間ディスプレイデザインの基礎・応用技術に加え、空間を表現する技能を有していることを認定する、空間の陳列の基礎・応用、色彩・ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)の基礎知識などについて出題される。

本番の試験での合格基準は70%以上の評価をとらなければならないとされています。

・2級

空間ディスプレイデザインの基礎・応用技術を有していることを認定する。空間の陳列の基礎・応用、色彩の基礎知識・ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)の基礎知識などについて出題される。

1級同様、本番の試験での合格基準は70%以上の評価をとらなければならないとされています。

 

平成26年の受験者数と合格者数は以下の通りです

・1級

受験者数 1058人

合格者数 227人

合格率およそ24%の「狭き門」となっています。

・2級

受験者数 5677人

合格者数 3798人

合格率およそ67%と「合格しやすい」試験であると言えます。

 

 

 

《受験資格・日程・受験料等》

*1・2級共通
・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

空間   空間

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
shikakujiten
ランキング
目次資格取得は人気の資格がオススメ!第1位 ファッションデザイナー第2位 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)第3位 紅茶マイス...
shikakujiten
ランキング
目次女性も資格を取ろう第1位 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)第2位 紅茶アドバイザー第3位 風水セラピスト第4位 収納マイスター第...
睡眠快眠
学び
目次最近改めて注目されている睡眠の様々な効果痩せたいなら、美しくなりたいなら、「寝なさい!」が、今の普通たくさん寝てるのに、寝た気がしない、...