紅茶
Pocket

紅茶マイスター認定試験資格とは日本安全食料料理協会(JFSCA)が主催する認定試験です。

 

紅茶マイスター認定試験は、紅茶オーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを認定する試験です。

 

紅茶アドバイザーとの違いは、紅茶アドバイザーが紅茶自体の知識を問うものである試験であるのとは違い紅茶マイスターは「経営・マーケティング」に重点が置かれている点です。より実践的に「紅茶」を仕事として取り入れるための方向きの試験であると言えます。

 

《紅茶マイスター認定試験のメリット》

1 就職に使える

飲食関連の業界での就職に有利になります。現在、飲食業界にいる方にとってはスキルアップにつながります。

 

2 カフェのオーナーになれる

紅茶マイスター認定資格取得後はカフェのオーナーとして独立して活躍できます。

「あのカフェの紅茶は美味しいよね」なんて、話題のカフェを運営できるかもしれません。

自分の実力次第で活躍の場は広がります。

 

3 紅茶マイスターは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、認定試験を受験しなくても、紅茶マイスターの認定がもらえます。しかも、最短で2ヵ月の学習で資格が取得することができます。受講料もテキストだけではなく、資格取得に必要な用具がすべてコミコミで73,000円~とお得な設定です。

そのうえ、100%紅茶マイスターの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)紅茶マイスターの受験料は10,000円で合格も当然保証されていません。通信講座だと修了すると同時に資格を得ることができるので、受験料もコミコミだと考えると通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

4 W資格を同時に取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「紅茶マイスター」と「紅茶アドバイザー」の2つの資格が100%確実に取得できます(特定講座に申し込んだ場合)。通信講座に申し込むのが便利で確実な資格取得方法ではないでしょうか。目指せ、紅茶のエキスパート!

 

5 講師活動ができる

紅茶マイスター認定の資格を取得後は講師活動が可能になります。カルチャースクールや自宅、開業した自分の「カフェ」などで、紅茶に関するレクチャーができるなんて素敵ですね。

美味しい紅茶を楽しみながらの「お勉強」だと、勉強もたのしくなることまちがいなし!

 

6 自分の生活が充実する

「共通の話題」である大好きな紅茶を通して、新しい人間関係が構築でき、人生に楽しみがふえるのではないでしょうか?他にも、親しいお友達を招いての「ティーパーティー」など、生活に幅が出ます。ワンランク上のティーパーティーを開いて、お友達を!させてみませんか?

《試験の概要》
・試験内容

マーケティングの基礎知識・開業、運営の基礎知識、商品とサービス、マーケティング戦略、ティールームの企画と計画、ティールームの内装・設備に関しての基礎的な事項が出題されます。

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・合格基準

70%以上の評価

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

紅茶   紅茶

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
和食
学び
日本が世界に誇るものの1つである和食。 和食は古来から日本人の健康を支えてきた素晴らしい食文化です。 更に日本のみならず最近では海外でもブー...