酒粕

酒粕資格人気ランキング

Pocket

酒粕は主に日本酒の製造過程でとれる、白色の固形物の事です。洋酒の台頭により日本酒の消費量は昔と比べれば減少し、酒粕の流通量は減少しました。

しかし、昨今では生産者の努力の末、酒粕の価値が見直されてきています。必須アミノ酸やビタミンなどの栄養素を豊富に含み、お菓子や乳製品、漬物などとの相性がいい酒粕は、食卓に彩りと健康を与える食材として大変人気があります。

また、美容に効果があるアルブチンやリノール酸を多く含むとされ、パックなどの原料として使われる事もあります。その他にも医療、農業など幅広い業界で有効な素材として使われている酒粕ですが、実は多用な資格があります。ここでは、酒粕に関する資格を人気ランキング順にご紹介いたします。

 

1位 酒粕・糀マイスター

最も人気のある酒粕資格は、酒粕・糀マイスター資格です。糀(こうじ)は同じ読み方の麹とよく混同されますが、麹は麦や大豆などの穀物から作られるものであり、糀は米から作られるものという違いがあります。現在では糀を米麹と呼ぶことも多く、米麹にもろみを加えてできるものが、酒粕になります。

酒粕にはたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、適切に調理すれば健康にとても役立つ食材です。また、酒粕には腸内環境を整える働きがあると研究でわかっており、普段から酒粕を使った料理をしている健康志向の人にとっても、知識を増やすのに人気がある資格となっています。

酒粕・糀マイスターを取得できれば、肉、魚料理やスイーツ、飲み物などに対して酒粕をどう活かせばいいのかを知っている事も証明できるので、飲食業や百貨店などの専門店で働く上で非常に役立つ資格といえます。

2位 酒粕美容健康アドバイザー

こちらは、日本インストラクター技術協会が認定している資格で、酒粕の知識を深く持ち、健康的な生活に繋げる事ができる事を証明するものです。酒粕には美容効果があり、パックの原料に使えば肌に艶を与え、ニキビ予防に効果を発揮します。また、入浴剤に使えば、肌がツルツルになり、心と身体のリラックス効果があるといわれています。

酒粕美容健康アドバイザー資格を取得するには、より人が美しくなる為にどのように酒粕を取り入れていくかについて、深く勉強する必要があります。

資格取得後は、百貨店や個人での化粧品店開業の他、食品を扱う業界でも活躍する事ができます。料理教室やカルチャースクールで講師として働く事もできますので、大変人気がある資格です。1位の酒粕・糀マイスターと比べ、美容に関しての知識に重点を置いて学ぶ事になりますので、自分により合っている資格を取得するようにしましょう。

3位 糀食マイスター

近年、発酵食品の健康食としての研究が進み、一般家庭の摂取量は増加しています。糀も発酵食品として栄養素は多く含まれており、適切に摂取する事で体調を整える効果があります。

また、糀は日本の国民食である米から作られるので、日本人の体にはとても適しており、相性のいい食材といえます。そんな糀を、おいしく摂取し、美しい身体作りに活かそうと生まれた資格が、糀食マスターです。

糀食マイスター資格を取得するには、普段の食生活への糀の取り入れ方、糀の性質、料理に使えるレシピなどの知識が必要になります。また、認定講座を行っている所は多いですが、基本的に高額であり、気軽に取得するのは難しい資格になっています。普段から発酵食品を使った料理をしている人や、糀を活かす料理教室を開講したい人など以外は、1位と2位の資格の方がおすすめです。

4位 糀マイスター

糀マイスターは、食品としての糀に関する知識の他、科学的な視点から糀に含まれる微生物に関する深い知識を所持している事を認定する資格です。糀には糀菌という独自の微生物が含まれており、日本の調味料である味噌、醤油、お酢などは、全て糀菌を発酵させる事によって作られています。

つまり、糀は日本食にとって無くてはならないものであり、長年私たちの食卓を支えてきたという事です。

糀マイスターは、糀が日本にもたらしてきた恩恵を正しく理解し、伝えていく事ができる人が取得できる資格です。糀菌の仕組みを理解すれば、食に関する仕事に大きく役立ちます。飲食業界に勤めていて、現在よりもスキルアップしたい人は、ぜひ資格取得に挑戦して下さい。

資格を取得して酒粕・糀のプロフェッショナルになろう!

今回は、酒粕・糀に関する人気資格をご紹介致しました。意外にも酒粕、糀は身近に使われているものであり、私たちの食生活に欠かせないものである事がわかっていただけた事でしょう。今回ご紹介した資格はどれも食品業界や美容業界で使える物であり、ステップアップに役立ちます。

酒粕・糀のプロフェッショナルを目指す人は、1位の酒粕・糀マイスターか、2位の酒粕美容マイスター資格を目指してみて下さい。糀に関する知識だけを増やしたいと感じた場合は、3位の糀食マイスターや4位の糀マイスター資格を取得してみるのもよいでしょう。資格を取得して、確かな自信と専門知識を身につけましょう。
酒粕資格 酒粕資格