Warning: getimagesize(/home/shikakukouza/shikakujiten.net/public_html/wp-content/uploads/2017/01/dessan6.jpg?resize=600%2C358&ssl=1): failed to open stream: No such file or directory in /home/shikakukouza/shikakujiten.net/public_html/wp-content/themes/godios/functions.php on line 221
デッサン

鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

Pocket

鉛筆デッサンマスター認定試験資格とは日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する認定試験です。

 

鉛筆デッサンマスター認定資格はデッサンの理論や技術を理解し、様々な対象を描く技法をマスターした人に与えられる資格です。各種芸術関係を目指す方、デッサンを趣味に取り入れ生活を豊かにしたい方などに人気があります。認定資格を取得して、表現力を身につけましょう。

 

《鉛筆デッサンマスター認定試験のメリット》

 

1 就職・転職

・建築系

・アパレル関係

・デザイン系

・ファッション系

などの就職に有利な資格です。

 

2 副業にも

最近「ココナラ」というサイトが人気ですよね?自分のスキルを販売するサイトです。そこで、鉛筆デッサンマスターとして、似顔絵販売等ができます。ちょっとした副業になりますよね?これなら、忙しい主婦の方でも「すき間」時間に仕事がこなせるので、ちょうどよい副業になるのではないでしょうか?

 

3 講師活動も可能

資格所得後は自宅やカルチャースクールで講師活動もできます。自分のアトリエで絵画やデッサンを教えるなんて素敵じゃありませんか?

 

4 鉛筆デッサンマスターは無試験でも取得可能

便利な通信講座を利用した場合、100%鉛筆デッサンマスターの資格がもらえます(一定のプランに申し込みをして、卒業できた場合)。価格も材料すべてコミコミで79,800円とお得な設定になっています。合格保証+材料代を考えると、通信教育を受講したほうがお得ですね。

 

5 複数資格を同時の取得できる

上記の通信講座に申し込んで卒業できた場合「鉛筆デッサンマスター」と「絵画インストラクター」の2つの資格が100%確実に取得できます。独学で学習してテキスト代+受験料をとられること、しかも合格は100%ではないこと(合格率はおよそ4割と難関)を考えれば、通信講座で資格を取得するのがお得だといえますね。W資格ゲットで絵画のエキスパートを目指せます。

 

勉強方法は3つあります。

・独学

・専門学校へ行く

・通信講座を受講する

 

独学で「絵」を習得するのはかなり難しいと思います。自分だけの世界に籠ってしまう結果になりかねません。

この場合、お手軽な価格で資格取得が「保障されている」通信講座が総合的に良いのではないでしょうか?最速2ヵ月でスキルがゲットできるところも魅力ですよね。

 

《試験の難易度は》

・デッサンについて、デッサンの用具、デッサンの基本要素、鉛筆、木炭、その他の描画材料、消し具、ぼかし用具、計測用具、支持体(デッサン用紙)、その他の用具

・基本モチーフ(石膏像)、線、銚子と質感、描く位置と姿勢、エスキース、ウォーミングアップ

・プロポーション、光と影、実践1/カップを描く

 

本番の試験での合格基準は上記の内容で70%以上の評価をとらなければならないとされています。

 

平成26年の受験者数と合格者数は以下の通りです

受験者数 2677人

合格者数 1047人

合格率39.1%と合格率は半分以下になっています。

 

《受験資格・日程・受験料等》

・受験資格

特になし

・受験料

10,000円(消費税込み)

・受験申請

インターネットからの申し込み

・受験方法

在宅受験

・試験日程

2・4・6・8・10・12月の年6回受験できます。

試験は在宅で、しかも年6回も受験できるのはうれしいですね。

デッサン   デッサン


Warning: getimagesize(/home/shikakukouza/shikakujiten.net/public_html/wp-content/uploads/2017/01/dessan6.jpg?resize=368%2C234&ssl=1): failed to open stream: No such file or directory in /home/shikakukouza/shikakujiten.net/public_html/wp-content/themes/godios/functions.php on line 221