薬膳漢方
Pocket

薬膳とは生薬と穀物や野菜や肉や魚などの食材を使い、中国伝統医学に基づいて調理したものです。冬には体を温める食材、夏には体を冷やす食材などを使い分けることで、病気を予防し健康を維持する食生活が実践できるという考え方です。

ここでは、薬膳に関しての知識とその調理法を熟知した薬膳調整師について紹介します。

薬膳調整師とは?

薬膳調整師は、薬膳の基礎知識、漢方的な観点から見た各種食材の効能などの知識を持つ方に認定される資格です。薬膳に関する専門的な知識をもとにその人の体質や症状に合った薬膳の提案やアドバイスをしていくことができます。

薬膳調整師認定の資格は口コミ評判では人気のある資格になっています。資格取得した方からの口コミ評判を以下にまとめてみました。

・薬膳や漢方の基礎知識を生かして自らの体調管理をしていこうと思います。

・薬膳料理に興味があり、薬膳調整師の資格を取得しました。薬膳を学んでから薬膳料理を作り食べているのですが、体調が凄く良くなっていると思います。

・飲食店をしているのですがメニューに薬膳料理を取り入れるために、薬膳の学習し資格の取得をしました。

 薬膳調整師認定試験概要について

薬膳調整師認定試験は日本安全食料料理協会で受験することができます。

日本安全食料料理協会は食品・料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定してくれる協会です。食に興味がある人、食のプロとして開業したい人、講師をしたい人達などからの口コミ評価は高いものになっています。平成28年度の受験情報は以下になっています。

・受験資格:なし

・受験料:1万円(税込み)

・試験申込期間: 奇数月1日~30日又は31日

・試験日程:偶数月20日~25日

・合格基準:70%以上

・受験方法: 協会のホームページから申込み→協会より試験問題と解答用紙が自宅に送付→在宅で受験し協会に送付

・試験のレベル:薬膳の基礎知識、食療と薬膳、五味、帰経気、食養生、食材の性質や効能などの基本的な事柄を理解していること。

薬膳調整師認定試験の学習方法は?

次に薬膳調整師認定試験のための学習方法を紹介します。

諒設計アーキテクトラーニングという通信教育スクールに薬膳調整師認定資格を取得するための通信講座があります。通信講座名は「漢方・薬膳W資格取得コース」です。

「漢方・薬膳W資格取得コース」は漢方・薬膳の基礎知識から、その効果や有効的な取り入れ方など、漢方・薬膳について学習ができる講座となっています。

この講座は、「薬膳調整師認定試験」と「漢方コーディネーター認定試験」の二つの認定試験に対応しています。講座が1日30分となっているため、自分のペースで学ぶことができます。又、「漢方・薬膳W資格取得コース スペシャル講座」では添削課題を全て終了後、卒業課題を提出する事で 「薬膳調整師認定試験」、「漢方コーディネーター認定試験」の二つの認定試験免除で資格取得ができるという講座になっていますので早く確実に資格を取得したい方にお勧めの講座です。

まとめ

健康ブームの中で薬膳への注目は高くなっています。薬膳に興味ある人や飲食関連の仕事に就いていて仕事の幅を広げたい人に対してはお勧めの資格です。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
学び
目次発酵食健康アドバイザーとは発酵食健康アドバイザー認定試験発酵食健康アドバイザーになったら 発酵食健康アドバイザー 口コミ評判 発酵食健康...
shikakujiten
ランキング
目次稼げる資格第1位 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)第2位 CADデザインマスター第3位 ファッションデザイナー第4位 ハ...