cad
Pocket

そもそもCADって何?

CAD(キャド、英: computer aided design)は、コンピューター支援設計とも呼ばれ、コンピューターを用いて設計をすること。あるいはコンピューターによる設計支援ツールのことで、日本では「製品の形状、その他の属性データからなるモデルを、コンピューターの内部に作成し解析・処理することによって進める設計」と定義されています。
簡単に言うと、ものの設計をコンピューターで正確にやるシステムのことと解釈しても相違ないでしょう。
デジタル世代の皆さんなら「え?いまどきデザインなんてコンピューターでやるのが当たり前でしょ?」と思われるはず。ですが、実際できますか?

建築、機械、土木からアパレルまで!キャドぐらい使えないとまずいかも!?

設計、と一言で言ってしまえば建築ばかりが思い浮かびますが、実はCADは多くの職種で必要です。機械の設計と一言に言っても、小さな半導体から大きな車やロボットまで設計はCADで行いますし、アパレルのデザインもCADで行います。
CADは各社から様々なソフトが発売されていますが、「AutoCAD」「JW-CAD」がメインどころです。最近、さまざまな就職サイトを見ていても、必須項目として「CADが使えること」と記載があったり、「「AutoCAD」が使える方歓迎」など、イラストレーターやフォトショップのような位置づけで、当然のように募集要項の一つとなってきています。専門業界ではほぼ必須といっても過言ではない状況です。
CAD資格のCADデザインマスター

これから先の未来へ

就職や転職、はたまた副業を考えている人は、やりたいことがデザイン方面なら絶対に使いこなせるようになっておかなければなりませんし、やりたいことが決まっていない方も、CADが使えるということが今後の強みになることは間違いありませんから、ぜひ勉強された方がいいと思います。
でもどうやってできるようになるの?と思われるでしょう。インターネットでCADと調べれば、どんどんスクールや通信教育のページが開きますので、もちろんご自身で口コミや評判・ランキングなどを比較して検討してみられるのが一番です。
ただ、数が多すぎて…。ということであれば、ある程度目的をもって講座を受講されてみてはいかがでしょうか。

目的を持ってCADを勉強する?

CADが使えるというアピール方法の一つとして、資格を取得してしまうという方法があります。例えば「CADデザインマスター」や「建築CADインストラクター」といった資格を取得すると、自分がどんなCADソフトを使いこなすことができるかという説明をせずとも履歴書から一目でわかるのです。資格って便利ですね。しかも、そういった資格取得対策講座のほうが目的を持って取り組めるので、就職したい先が決まっている人もそうでない人も、やる気になりやすいのがいいですね。
検定免除のものや特別対策講座月の物、ソフトが安くで手に入るものなど様々な講座があるようです。ぜひ一度そういった講座の種類を検索してやってみてください。きっと素晴らしい技術者としての一歩が踏み出せるはずです。
CAD

学びの関連記事
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 洋食エキスパート口コミ評判
  • 有機美容発酵食品マイスター口コミ評判
  • 姿勢
    美姿勢コーディネーター口コミ評判
  • スーパーフード
    美健康食品マイスター口コミ評判
  • ヨガインストラクター
    美ヨガライフセラピスト口コミ評判
おすすめの記事
ランキング
オーガニック系のカフェや健康系の食堂に行くと必ずと言っていいほど出てくる玄米等の「マクロビフード」。マクロビとは正式には「マクロビオティック...
紅茶
学び
目次幸せに豊かな生活を運んでくれる紅茶究極においしい紅茶、とは?趣味を極める一つの手段としてたくさんの資格、どれをとったら?知識が身について...