カフェ

コーヒー・カフェ資格クチコミ比較!

Pocket

コーヒーやカフェ資格

コーヒーが大好きで毎日飲んでいるという人もいることでしょう。そんな人のタメにコーヒーの資格はいかがでしょうか?コーヒー関連の資格を取得するとコーヒー豆の知識やおいしいコーヒーのいれ方などを学ぶことができるようになりますよ。

人気 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)

カフェなどで働く際に役に立つのがこちらのコーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)の資格。美味しいコーヒーを入れてることができるようになる資格になります。豆からコーヒーを入れる一連の手順なども学ぶことができるので、オススメの資格になりますよ。こちらのコーヒアドバイザーの資格を学ぶと、コーヒーの基礎から学ぶことができるようになります。人気のカフェラテアートなども学ぶことができるのでオススメですよ。
コーヒーソムリエはこちら

2位 カフェオーナー経営士(カフェマイスター)

カフェオーナー経営士(カフェマイスター)の資格はカフェの開業に適している知識を得ることができるようになるものになります。さらに、カフェオーナー経営士(カフェマイスター)の資格はどのようなことができるのかというと、実務も色々と学ぶことができるようになるのです。まさにこれからカフェの開業を始めたい人にはピッタリの資格になるのです。現在カフェを開催したい人にはおすすめの資格になります。カフェに転職する際にも役に立ちそうな資格ですよね。
カフェオーナー経営士はこちら

3位 コーヒーインストラクター検定

こちらの資格には1級と、2級の資格があります。試験会場は日本の色々な場所で行われているのです。実はこちらのコーヒーインストラクターの資格は日本で初めて開催されたコーヒーの資格になるのです。世界的に見ても日本はかなりのコーヒー消費国。そんななかでも喫茶店などは人気になるので、コーヒー関連の資格が必要とされています。

4位 コーヒーマイスター

コーヒー豆には色々な産地がありますよね。そのような産地を学ぶことができるのがこちらのコーヒーマイスターの資格になります。最終的には筆記試験に合格するとコーヒーマイスターの資格を取得することができるのです。

5位 JBAバリスタライセンス

JBAバリスタライセンスの試験を受講する際には、実務経験が必要になるのです。こちらの資格はバリスタとして、一定以上のレベルを持っている人に送られるものになるのです。こちらの資格にはレベル1からレベル3まであるのです。こちらは日本バリスタ協会が開催しているものになります。現在バリスタとしてアルバイトなどをしている人にはオススメの資格になるのです。

6位 コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターはコーヒーの初心者にもピッタリの資格になります。焙煎をどのようにしたらいいのか?というところや、コーヒーにはエスプレッソなど色々な種類のコーヒーがあります。そんなバラエティ豊かなコーヒーの種類もこちらのコーヒーコーディネーターであれば、学ぶことができるんですよ。

7位 カーサバリスタ

バリスタとはどのようなものでしょうか?バリスタとは、バーでコーヒーなどを入れる専門家で語源はイタリアから来ています。カーサバリスタのカーサとは店などの意味があり、カーサバリスタとはお店でコーヒーなどを入れる専門家ということになるのです。カーサバリスタになると、コーヒーの専門家として、カプチーノをかわいらしいように入れることなどもできます。この資格は一般社団法人 日本能力開発推進協会が行っている資格になります。
コーヒー カフェオーナー