夫婦心理家族心理資格人気ランキング

夫婦心理家族心理資格人気ランキング

Pocket

夫婦心理や家族心理の資格を取得することでパートナーや家族のこと、自分のことをより深く理解し、関係を良好なものにしていきやすくなるでしょう。
また問題を抱えている人を助ける仕事へのチャンスも広まります。
夫婦心理や家族心理を扱った人気の資格がこちらです!
自分に合ったものを探してみましょう。

1位 夫婦心理カウンセラー

夫婦心理カウンセラーは日本メディカル心理セラピー協会が管理している資格です。
諒設計アーキテクトラーニング、SARAスクールJAPAN、などを受講してから試験を受けるのがおすすめです。

夫婦心理カウンセラーはどんな資格?
夫婦関係や家族関係の問題解決や関係構築などについて正しい知識で適切なアドバイスやカウンセリングを行うことができるのを認定する資格です。
自分自身の家族の関係改善や周囲の人の相談相手となれるだけでなく、夫婦や家族専門のカウンセラーとして活躍することができます。

諒設計アーキテクトラーニングで夫婦心理カウンセラーを目指す場合
諒設計アーキテクトラーニングで夫婦心理カウンセラーを目指す場合は「夫婦心理カウンセラーW資格取得講座」の受講がおすすめです。
夫婦・家族心理家カウンセラーだけでなく、家族心理カウンセラーの取得も同時に狙えます。
また通常講座とスペシャル講座の2種類があり、スペシャル講座を選択すると試験なしに卒業と同時に資格を取得ができるのです。
通常講座の場合は受講を終了したあとに試験が必要となります。
講座の期間は6ヵ月ですが、最短で2ヵ月も可能です。
添削は5回あります(スペシャル講座の場合はこれに加えて卒業課題が1つ)。
受講料は通常講座:一括59800円、分割は3300円×20回(初回4276円)
スペシャル講座:一括79800円、分割は3800円×24回(初回3891円)

SARAスクールJAPANで夫婦心理カウンセラーを目指す場合
SARAスクールJAPANで夫婦心理カウンセラーを目指す場合は「夫婦心理カウンセラー講座」がおすすめです。
夫婦心理カウンセラーだけでなく、家族心理カウンセラーの取得も同時に狙えます。
基本コースとプラチナコースがあり、プラチナコースの場合は試験なしに卒業と同時に資格の取得が可能です。
基本コースの場合は受講を終了したあとに試験が必要となります。
講座の期間は6ヵ月ですが、最短で2ヵ月も可能です。
添削は5回あります(プラチナコースの場合はこれに加えて卒業課題が1つ)。
受講料は通常講座が59800円、プラチナコースが79800円です。

試験について
受験料:10000円(税込み)
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

2位 家族心理カウンセラー

家族心理カウンセラーは日本メディカル心理セラピー協会が管理している資格です。
諒設計アーキテクトラーニング、SARAスクールJAPANなどで受講してから試験を受けると良いでしょう。
夫婦・家族心理資格カウンセラーと一緒に取得しやすい資格です。

家族心理カウンセラーはどんな資格?
夫婦間や親子の関わりかた、家庭の問題などについて正しい知識をもち、アドバイスができることを証明する資格になります。
家族問題のカウンセラーとしてだけでなく、講師としても活躍できるでしょう。

試験について
受験料:10000円(税込み)
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

3位 家族療法カウンセラー

家族療法カウンセラーは日本能力開発推進協会が管理をしている資格です。
同協会の認定講座(資格のキャリカレの「家族療法カウンセラー資格取得講座」)を修了したあとに試験を受けることで取得できます。

家族療法カウンセラーはどんな資格?
家族療法カウンセリングは個人を取り巻く家族関係や家族全体を対象としておこなうカウンセリングです。
また家族療法は個人が抱えている問題の解決を目指し、本人や家族が本来もっている問題解決能力を引き出していきます
家族療法に関する知識や技能を証明し、カウンセリング能力を証明する資格です。
すでにカウンセラーとして働いている人やこれからカウンセラーを目指す人におすすめします。

資格のキャリカレの「家族療法カウンセラー資格取得講座」について
家族療法カウンセラーの受験資格は資格のキャリカレの「家族療法カウンセラー資格取得講座」を終了することです。
受講は4ヵ月で、添削は4回、実践が3回あります。
スマートフォンなどから無料で質問も可能です。
価格は通常一括払いで46000円(税別)、分割払いは2400円×24回ですが、WEB申し込みの場合は10000円オフになります。
一括払いが36000円で分割払いは1880×24回です。

試験について
受験料:5600円(税込み)
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の得点

4位 夫婦カウンセラー

夫婦カウンセラーは日本能力開発推進協会が管理している資格です。
同協会の認定講座(資格のキャリカレの「夫婦カウンセラー資格取得講座」)を終了したあとに試験を受けることで取得できます。

夫婦カウンセラーはどんな資格?
夫婦関係の悩みをカウンセリングしたり離婚を社会的視点からサポートしたりするカウンセラーであることを証明する資格です。
またカウンセリング能力だけでなく、離婚の基礎知識、法律の知識心理援助技術などを備えていることも証明します。
現役カウンセラーやこれからカウンセラーを目指す人におすすめです。

資格のキャリカレの「夫婦カウンセラー資格取得講座」について
夫婦カウンセラーの受験資格は資格のキャリカレの「夫婦カウンセラー資格取得講座」を終了することです。
受講は4ヵ月で、添削は4回、実践が3回あります。
スマートフォンなどから無料で質問も可能です。
価格は通常一括払いで46000円(税別)、分割払いは2400円×24回ですが、WEB申し込みの場合は10000円オフになります。
一括払いが36000円で分割払いは1880×24回です。
試験について
受験料:5600円(税込み)
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の得点率

5位 家族相談士

家族相談しは日本家族カウンセリング協会と日本家族心理学会が資格を儲け、家族心理士・家族相談し資格認定機構が認定をしています。
受験資格を得るためには養成講座を修了しなければなりません。

家族相談士はどんな資格?
家族関係の調整や健康な家族をつくるためのアドバイス、啓蒙活動などをするのが家族相談士の役割です。
家族の問題は様々なところに影響するので学校、起業、地域と深く結びついています。
教育関係、福祉、医療関係、家庭裁判所関係、啓蒙活動などで活躍が期待される資格です。

養成講座について
5~11月にかけての土曜日、日曜日に行われます。
会場は日本女性大学です。
申し込みの締め切りは3月25日(2019年の場合)となります。
家族と社会、家族カウンセリングなどがおもなカリキュラムです。

試験について
受験費用:60000円(申請書類請求日、資格審査料、認定登録料など合わせて)
受験方法:書類審査(12月下旬)、筆記試験、面接試験(2月初旬から3月初旬)
合格基準:不明、ただし合格率は90%

自分に合った夫婦心理家族心理資格を取得しよう!
夫婦心理家族心理の資格はたくさんあります。
自分自身の家族の関係を良好にしたりママ友から頼れる相談相手とされたりするのに役立つ資格から、本格的なカウンセラーとして活躍できる資格までさまざまです。
自分に合った資格を取得し、自分や周囲の問題解決に役立てたり活躍の場を広げたりしましょう。
夫婦心理家族心理学 夫婦心理家族心理学