子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

Pocket

子供心理学やチャイルド心理学の取得をすることで子育てに役立ったり、子ども関係の仕事がスムーズにいきやすくなったりするでしょう。
成長途中であり、まだ経験の浅い子どもの心はとても繊細で大人とは感じ方も違います。
成長とともに子どもの心理はどう変わるのかを知ることでその子の年齢、その子の個性に合わせた働きかけができるようになるのです。

1位 子ども心理インストラクター

子ども心理インストラクターは日本インストラクター技術協会(JIA)が管理をしている資格です。
取得するためには諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理学資格W取得講座」がおすすめです。

子ども心理インストラクターはどんな資格?
子どもの心の発達や成長、家族との関係、社会との関係など、子どもの人格や性格の形成にかかわる知識を有し、適切なアドバイスやカウンセリングを行うための知識を有したことを証明されます。

諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理学資格W取得講座」のカリキュラム
通常講座とスペシャル講座の2種類があります。
どちらも通常は6ヵ月ですが、最短2ヵ月で終えることが可能です。
受講後は子ども心理インストラクターだけでなく、チャイルド心理ヘルスカウンセラーの取得も可能です。
また通常コースではなく、スペシャルコースを受講した場合、試験免除で資格の取得ができます

通常講座の場合は学習→添削(5回)→卒業→試験申し込み→試験→資格取得となります。
受講後に子ども心理インストラクターとチャイルド心理ヘルスカウンセラーの試験をそれぞれ受験する必要があります。

スペシャル口座の場合は学習→添削(5回)→卒業課題→卒業→試験免除で資格所得です。
添削課題を全て行い、卒業課題を提出すると試験なしで子ども心理インストラクターとチャイルド心理ヘルスカウンセラーの資格を取得することができます。

通常講座の場合 受講料:一括59800円。分割3300円×20回(初回4276円)
スペシャル口座の場合 受講料:一括79800円。分割3800円×24回(初回3891円)

試験について
受験料:10000円(税込)
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

2位 チャイルド心理ヘルスカウンセラー

チャイルド心理ヘルスカウンセラーは日本メディカル心理セラピー協会(JAAMPA)が運営をしている資格になります。
取得するためには諒設計アーキテクトラーニングの「子ども心理学資格W取得講座」がおすすめです。
子ども心理インストラクターも合わせて取得を目指してはいかがでしょうか?

チャイルド心理ヘルスカウンセラーはどんな資格?
胎児期から乳児、幼児、額同期、思春期までの子供の心理発達を十分に理解して、その悩みや問題に対してカウンセリングを行うし来るやノウハウがあることを証明されます。

試験について
受験料:10000円(税込)
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

3位 チャイルドカウンセラー

チャイルドカウンセラーは日本能力開発推進協会が運営をしている資格です。
受験をして資格を取得するためにはこの協会が認定している講座(「資格のキャリカレ」の「チャイルドカウンセラー資格取得講座」)を終了する必要があります。

チャイルドカウンセラーはどんな資格?
不登校や校内暴力、学内のさまざまな問題行動などに対応が求められる専門的な心理学知識や心理援助技術を備えているカウンセラーであることが証明されます。
育児だけでなく、スクールカウンセラーとしても役立てやすい資格です。

資格のキャリカレの「チャイルドカウンセラー資格所得講座」
受講期間は4ヵ月です。
幼少期から青年期までのよくある事例について学ぶことで即戦力を身に付けることができるでしょう。
添削や実習などのカリキュラムのほかに、疑問はスマートフォンなどから無料で質問が可能なので効率良く理解を深めていくことができます。
添削は4回、カウンセリング実習が3回です。

料金は通常、一括払い46000円(税別)、分割払いは2400円×24回です。
しかしWEBでの申し込みの場合は10000円オフになり、一括払い36000円、分割払い1880円×24回になります。

試験について
受験料:5600円(税込)
受験方法:在宅受験

4位 チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは各団体のチャイルドマインダーの養成講座を修了すると認定試験を受けることができます。
「NCMA、JAPAN」「チャイルドマインダージャパン」「ヒューマンアカデミー」などで開催されている講座を受講すると就職のサポートまで受けられるのでおすすめです。

チャイルドマインダーはどんな資格?
チャイルドマインダーは少人数保育・個別保育のプロフェッショナルであることを証明する資格です。
0~12歳までの子どもを同時に4人まで保育することができます。
保育形態や労働時間を自分で設定することができるので、独立もしやすいです。
イギリス発祥の資格で、100年以上の歴史があります。

チャイルドマインダーになるためには
チャイルドマインダーになるためには各団体のチャイルドマインダー養成講座を受講したのちに認定試験を受ける必要があります。
受講方法は通学型と通信講座の2種類です。
講座は「NCMA、JAPAN」「チャイルドマインダージャパン」「ヒューマンアカデミー」などが扱っています。
受講料:約15万円程度。
受講期間:3~6ヵ月。
合格率:70~90%

5位 児童心理司

児童相談所で働く心理判定員のことを特別に児童心理司と呼びます。
試験はありませんが、公務員なので上級(Ⅰ種)地方公務員採用試験に合格する必要があります。

児童心理司とは?
児童心理司とは心理学の知識を用いて自動やその保護者の心理診断を行う「任用資格」です。
家庭や素行、心などに問題を抱える子どもに寄り添い、保護者に手を差し伸べる役割を担っています。
面談や心理検査によって心理診断をし、心理療法やカウンセリングを行うのが主な業務です。

児童心理司になるためには
児童心理司になるための資格試験はありません。
しかし上級(Ⅰ種)地方公務採用試験に合格する必要があります。
試験は自治体ごとに異なりますが、総じて難易度が高く、採用数もあまり多くありません。
臨床心理士資格があると有利なのでこちらの資格も取得するのがおすすめです。
狭き門ではありますが、厚生労働省の後押しもあり徐々に採用人数は増えています。
2015年には全国で1290人でしたが、2019年には1740人、450人の増員が目標です。

6位育児セラピスト

育児セラピストは日本アタッチメント育児協会が運営している資格です。
同協会が主催する講座を受講することで取得ができます。
2級と1級があるので、まずは2級を目指しましょう。

育児セラピストとはどんな資格?
発達心理学に基づいた適切な育児知識を伝えるスキルと育児によってストレスにさらされた「親の心」を癒すスキルが学べます。
自分の子育てのほか、子どもを持つ親を導いたり癒したりする仕事の即戦力として生かすっこともできるでしょう。

育児セラピストのカリキュラム
育児セラピストの資格は2級と1級があります。
1級は2級取得者が対象です。

育児セラピスト2級
費用:50000円(税別)
発達心理学の基礎を学び、自己心理学やコフートワーク、質疑応答などの受講を1日6時間、2日間に渡って行われます。
受講後に合否を受け取り、合格していたら認定申請を行いましょう。

育児セラピスト1級
費用:120000円(税別)
育児セラピスト2級認定者が対象です。
さらに専門性を高めた知識を学び、育児専門家として伝えるスキルを身に付けることを目的としています。
講座は2級と同じく1日6時間、2日に渡って行われます。
受講後に合否を受け取り、合格していたら認定申請を行いましょう。

自分に合った子供心理学、チャイルド心理資格を目指そう!
心理学やチャイルド心理資格にはさまざまな種類があります。
自分の子育てで役立てやすいもの、教育や保育に係る仕事で役立てやすいもの、独立で有利になりやすいもの……難易度や費用もそれぞれ違うので自分に合ったものを見つけましょう!
子供心理学 子供心理学