cad
Pocket

CADの資格

みなさんは、CADについて知っていますか?CADとは、computer aided designの略で建築や設計の分野で多く使用されている資格になります。どのような資格なのかというと、実際にCADを使用して、色々な建築の技法を学ぶことができる資格になります。資格取得後には、建築業界や、設計業界で働くことができる資格になります。ぜひとも人気のCADの資格を取得しましょう。転職や就職にも有利ですよ。

第1位 CADデザインマスター

こちらの資格は日本デザインプランナー協会が行っている資格になります。どのような資格なのかというと、CADによるデザインを基本的なことをイチから学ぶことができるようになる、資格になります。初めてCADを学ぶという人にはオススメの資格になるのです。今までCADを全く学んだことがないという人にはオススメの資格ですよ。
CADデザインマスターはこちら

第2位 建築CADインストラクター

こちらの建築CADインストラクターの資格は日本インストラクター協会が行っている資格になります。どのような資格かというと、インストラクターとして他人にCADのことを教えることができる資格になるのです。こちらの資格を取得するには一定レベルのCADをできる資格が必要となります。こちらの資格を取得した後は、自宅でCAD教室を開いてもいいかもしれませんね。就職した際にも部下や後輩にCADのことをきちんと教えることができるようになるでしょう。
建築CADインストラクターはこちら

第3位 機械・設備・電気CADインストラクター

こちらの資格は、自宅やマンションを立てる際に役に立つ、機械・設備・電気CADの資格となります。実際の現場で役に立つCADの知識を得ることができる資格になるのです。転職や就職にも有利な資格になります。
機械・設備・電気CADインストラクターはこちら

第4位 土木CADインストラクター

実は土木系の工事などでもCADは使用されているのです。どのようなものかというと、橋やコンクリートなどをCADで設計する資格になります。こちらの資格は、実務レベルの土木CADが必要とされるものになります。
土木CADインストラクターはこちら

第5位 CAD利用技術者試験

こちらの資格を持っていると、転職や就職には有利です。試験では、実際のCADソフトの実技などもあり、実用的な試験になっているのです。こちらの資格では、1級、準1級、2級の資格があります。自分のレベルに合わせて、資格を取得するようにするといいでしょう。こちらの資格は一般社団法人コンピュータソフトウェア協会というところが行っている資格になります。

第6位 建築CAD検定

こちらの試験の特徴は実技の試験であること。こちらの試験を行っているのは一般社団法人全国建築CAD連盟というところになるのです。准1級、2級、3級、4級 と試験が分かれており、年に約2回ほど行われている試験になるのです。
受験資格は特に決められていないので誰でも試験を受けることができますよ。
実はこちらの建築CAD検定は日本でも初めて行われたCAD関係の資格になるのです。

CADの資格で設計をしよう

ここまで、色々とCADの資格について見てきましたがどうでしたでしょうか?実は今はCADは平面図の設計にとどまりません。3DのCADや、立体のCAD。さらには、機械の設計ではカラーで映画のような3Dの図面を作成することができるのです。機械、土木、建築と、様々な部分で活躍のフィールドが広がっているCAD。みなさんもこちらのCADの資格をぜひとも取得してみてくださいね。

CAD

ランキングの関連記事
  • ブリーダー
    ブリーダー資格人気ランキング
  • 発酵食品
    発酵食品資格人気ランキング
  • 猫資格
    猫資格人気ランキング
  • 焼酎
    焼酎資格人気ランキング
  • 姿勢
    姿勢資格人気ランキング
  • マクロビ
    マクロビ資格人気ランキング
おすすめの記事
手紙の書き方
学び
手紙は、古くから日本に存在する情報交換手段ですよね。 普段から会う親しい人とも、たまにしか会えない人とも、仕事で関係している方にも、我々は手...